FC2ブログ

第65回全国高等学校演劇大会(佐賀大会)

第65回全国高等学校演劇大会(佐賀大会)

日程:
2019/7/27(土)-29(月)

会場:
鳥栖市民文化会館
佐賀県鳥栖市宿町807−17

【佐賀大会上演順】

上演順 ブロック 学校名 作品名 作者

■上演1 関東(北)
栃木県立小山城南高等学校
『無空の望』
黒瀬香乃/作

■上演2 近畿
大谷高等学校(大阪府)
『ふじんど』
森野和/作 髙杉学/補作

■上演3 中国
島根県立横田高等学校
『雨はワタシの背中を押す』
伊藤靖之/作

■上演4 九州
鹿児島県立屋久島高等学校
『ジョン・デンバーへの手紙』
上田美和/作

■上演5 開催県
佐賀県立佐賀東高等学校
『君がはじめて泣いた日も、世界は普通の顔をした。』
いやどみ☆こ~せい・佐賀東高校演劇部/作

■上演6 北海道
帯広北高等学校
『放課後談話』
加藤真紀子/作

■上演7 東北
福島県立ふたば未来学園高等学校
『Indrah ~カズコになろうよ~』
ふたば未来学園高校演劇部/作

■上演8 関東
逗子開成高等学校
『ケチャップ・オブ・ザ・デッド』
飛塚周・逗子開成高校演劇部/作

■上演9 関東(北)
埼玉県立新座柳瀬高等学校
『Ernest!?』
オスカー・ワイルド/原作 稲葉智己/翻案

■上演10 中部日本
岐阜県立長良高等学校
『My Name! 〜The importance of Being Earnest〜』
オスカー・ワイルド/原作 長良高校演劇部/翻案

■上演11 関東(南)
日本大学鶴ヶ丘高等学校(東京)
『屋上の話』
むらやまだいすけ/作

■上演12 四国
香川県立丸亀高等学校
『馬鹿も休み休みYEAH!!』
豊嶋了子と丸高演劇部/作


*詳細は以下ホームページをご参照ください。

2019さが総文 演劇ページ:
https://sagasoubun.jp/main/3170.html

全国高等学校演劇協議会HP内 佐賀大会ページ:
http://koenkyo.org/?tribe_events=第65回全国高等学校演劇大会(佐賀大会)

熊谷拓明 コンテンポラリーダンス ワークショップ

2019_5_熊谷拓明WS_愛媛

熊谷拓明 コンテンポラリーダンス ワークショップ
『凄くなくていい。良い踊りが踊りたい。』

日時:
2019/5/25(土)13:30~15:30

会場:
DANCE STUDIO MOGA
松山市湊町3-6-1

料金:
¥2,500+TAX(ビジター¥3,000+TAX)

お問い合わせ:
TEL 089-934-3434


無理のないコンタクトワークからそれぞれの良いところを探っていき、その後自由度の高いコンビネーションを踊り動きを深めて行きます。
誰かのようにではなく自分の癖を好きになることが全ての始まりだと僕は考えます。


<熊谷拓明>
1979年札幌生まれ。 小学生時代に生まれて初めて観たミュージカルに衝撃を受け、 独学で歌い、 踊り、 家族に1人ミュージカルを披露する日々を送る。 独学に限界を感じ高校入学と同時に札幌ダンススタジオマインドの 門を叩き、 恩師となる宏瀬賢二のもと歌うことを忘れダンスをする 日々を送る。
23歳で上京。
根拠のない自信を踏みにじられボロボロの日々を送る。 くじけかけた28歳の冬受けたオーディションに受かり
シルク ・ ドゥ ・ ソレイユ新作 ( 当時 ) 『Believe』 に出演する事が きまり渡米。 約3年間で850ステージに出演、 不思議な日々を送る。 帰国後、 自ら作、 演出、 振付を手掛ける作品を 『ダンス劇』 と呼び、 独特のゆるい台詞としなやかな動きで物語を繰り広げる作品を数多く 発表。
舞台上で 『食べる』 『喋る』 『鼻歌を歌う』 『歩く』 『躍る』 などを スルスルこなす、 とにかく自然である。

DANCE STUDIO MOGA HP内企画ページ:
http://www.moga-jp.com/archives/?p=3973

四国学生演劇祭 学生交流会

四国学生演劇祭
四国で演劇をする学生の交流会を行います!

日時:
2019/5/11(土)

場所:
松山市内

内容:
レクリエーションを行い交流を深める

目的:
四国で演劇をする学生同士の橋渡し、延いては四国学生演劇祭参加ユニットの結成に繋がれば

*詳細は、以下Twitterをご参照下さい。

四国学生演劇祭Twitter:
https://twitter.com/EhimeOrange2015

清水宏のむつごいLIVE 2019 ー燃えるスタンダップコメディー

2019_5_清水宏_香川

清水宏のむつごいLIVE 2019
ー燃えるスタンダップコメディー

日時:
2019年5月23日(木)20:00開演

会場:
NOAH's ARK
(高松市田町8-25 学習館ビル2F)

予約2,500円(ワンドリンク付き)

ご予約 https://www.quartet-online.net/ticket/mutsugoi1
※4月22日(月)0時より予約開始

お問い合わせ:
シアター・デザイン・カンパニー
090-4783-7303
http://theatredesign.info

シアター・デザイン・カンパニー Facebook:
https://www.facebook.com/theatredesigncom/

シアター・デザイン・カンパニーTwitter:
https://twitter.com/theatre_d_com

『くまとリリーの時間』

2019_5_くまとリリー_愛媛

『くまとリリーの時間』

熊谷拓明のソロダンス作品と、秋風リリー&フジコ子・エルモッサ女2人の金粉ショー。
モガが独自に、2つの作品上演をくっつけて、「くまとリリーの時間」と称して、移動式の公演を企画しました!
上の劇場と、下の劇場、それぞれの空間で存分にお楽しみください。

日時:
2019/5/26 (日) 15:00 START open 14:30

会場:
@White-dagdag @Black-dagdag(ダンススタジオMOGA)
(松山市湊町3丁目6-1)

TICKET:
前売り ¥2,800(一般)・¥2,500(学生)
当日 ¥3,000(一般・学生共に)

メール予約:
件名を「くまとリリーの時間チケット予約」とし、
1. お名前 2. 枚数 3. ご連絡先(電話・メールアドレス) 4. 券種(一般・学生)を info@moga-jp.com まで 送信してください。折り返し確認メールを送信致します。 こちらからの返信をもって予約完了となります。3 日経って も返信が無い場合はお手数ですが、お問い合わせください。
(携帯からのお申し込みは、上記アドレスの受信設定をお願いします)
mail : info@moga-jp.com http://www.moga-jp.com/

熊谷拓明氏によるWSも同時開催!!!
5/25(土)13:30~15:30
1lesson ¥2,500+TAX(Visitor ¥3,000+TAX)
お申し込みは、お早めに〜

<熊谷拓明>
1979年札幌生まれ。 小学生時代に生まれて初めて観たミュージカルに衝撃を受け、 独学で歌い、 踊り、 家族に1人ミュージカルを披露する日々を送る。 独学に限界を感じ高校入学と同時に札幌ダンススタジオマインドの 門を叩き、 恩師となる宏瀬賢二のもと歌うことを忘れダンスをする 日々を送る。
23歳で上京。
根拠のない自信を踏みにじられボロボロの日々を送る。 くじけかけた28歳の冬受けたオーディションに受かり
シルク ・ ドゥ ・ ソレイユ新作 ( 当時 ) 『Believe』 に出演する事が きまり渡米。 約3年間で850ステージに出演、 不思議な日々を送る。 帰国後、 自ら作、 演出、 振付を手掛ける作品を 『ダンス劇』 と呼び、 独特のゆるい台詞としなやかな動きで物語を繰り広げる作品を数多く 発表。
舞台上で 『食べる』 『喋る』 『鼻歌を歌う』 『歩く』 『躍る』 などを スルスルこなす、 とにかく自然である。

<秋風リリー&フジコ子・エルモッサ>
The Nobebo のメンバーとして 2012 年
別府現代芸術祭 『混浴温泉世界』 をきっかけに、 舞踏グループ白虎社 で実際に踊っていたダンサー指導のもと金粉ショーをはじめる。 同フェスを始め、 「サディスティックサーカス」
「福岡サンセットライブ」 「酔っ払いに愛を」 など様々なイベントから、 クラブやバーで行われるイベント、 そして企業の宴会にまで 全国津々浦々出演。

Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/2196143157160540/

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR