FC2ブログ

坂手洋二戯曲講座『戯曲は誰にでも書ける 新作はその人にしか書けない』

2015_5_戯曲講座

坂手洋二戯曲講座
「戯曲は誰にでも書ける 新作はその人にしか書けない」

日程:
2015/5/10(日)13:00~18:00
2015/5/17(日)13:00~17:00
※2回連続講座

会場:
シアターねこ
(愛媛県松山市緑町1-2-1)

参加費:
一般 3000円
学生・高校生 1500円
二回連続で受講可能な方(先着20名)

申込方法:
TEL:FAX 089-904-7025 Email:tne0630@yahoo.co.jp
上記に下記を明記してご連絡ください。
・氏名 ・年齢  ・住所  ・電話とメールアドレス  ・演劇経験の有無

「戯曲は誰にでも書ける 新作はその人にしか書けない」
どのような言葉でも劇言語になりうるという、広がりの可能性。作品のコアの部分をどう持ちうるかの、冒険と挑戦。大きなスケールとミニマムな視点それぞれから、戯曲の楽しさを伝えます。

◆当日の持ち物  筆記用具

■プロフィール
坂手洋二(さかて ようじ)
劇作家、演出家。
1983年、燐光群を旗揚げ。オーソドックスから実験作まで幅広く、ジャーナリスティックな視点と卓越したアイデアの作品群を発表している。海外公演多数。戯曲は海外で10以上の言語に翻訳され、出版・上演されている。
作品に『トーキョー裁判』『カムアウト』『ブレスレス ゴミ袋を呼吸する夜の物語』『くじらの墓標』『神々の国の首都』『ピカドン・キジムナー』『屋根裏』『最後の一人までが全体である』『ブラインドタッチ』『だるまさんがころんだ』『普天間』『カウラの班長会議』『8分間』『エレンディラ』(脚色)、等。『CVR』『ララミー・プロジェクト』といった翻訳戯曲、オペラ『白墨の輪』等、演出のみの仕事も手掛ける。
〈劇作家大会〉の多くで実行委員長を務める。日本劇作家協会会長。日本演出者協会理事。岸田國士戯曲賞、鶴屋南北戯曲賞、読売文学賞、紀伊國屋演劇賞、朝日舞台芸術賞、読売演劇大賞最優秀演出家賞等を受賞。

主催:NPO法人シアターネットワークえひめ

【関連イベント】
★燐光群 松山公演 
『屋根裏』
5/19(火)19:00~
5/20(水)14:00~/19:00~
会場:シアターねこ
http://kangeki1ehime.blog.fc2.com/blog-entry-958.html

★坂手洋二トークイベント 
おしゃべりねこ「劇の可能性」
5/10 (日)19:30~21:30
会場:シアターねこ
http://kangeki1ehime.blog.fc2.com/blog-entry-957.html

燐光群HP:
http://rinkogun.com

シアターねこ 戯曲講座ページ
http://theaterneco.main.jp/?p=1628
スポンサーサイト



Secre

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR