FC2ブログ

木室陽一 ソロ・ダンス 〈 聴くダンス 〉シリーズ マーラー作曲「交響曲第5番 嬰ハ短調」を 踊る

2021_6_木室陽一_愛媛

木室陽一 ソロ・ダンス
〈 聴くダンス 〉シリーズ
マーラー作曲「交響曲第5番 嬰ハ短調」を 踊る
  
日時:
2021年6月25日(金)
開演:19:30〜(開場は30分前)

会場:
ライブハウス singing space SING OUT「シング・アウト」
(愛媛県松山市三番町5-3-8 フレッシュリーブス・地下1階)

入場料:
1500円 プラス 別途ワンドリンク・オーダーをお願いします。


通称「マラ5(まらご)」 (^○^)
  
悲劇から、希望へ向かって、
オーケストラの響きの贅を尽くした、
親しみやすい名曲です。
  
  
グスタフ・マーラー作曲。
交響曲第5番(嬰ハ短調)全楽章、で、おどります。
   
  
全5楽章、70分におよぶ、重厚なオーケストラ作品。
たった一本のトランペットが奏でる旋律から始まる、100名近くの演奏者による交響曲。
 
個々の演奏者の技量が、オーケストラ全体の響きを導いてしまう、
深く沈鬱な第1・第2楽章を経て、
軽快なスケルツォの第3楽章に続いて、
甘美で有名な第4楽章のアダジェットから、
明るく祝祭的な最終楽章へと。
  
その研ぎ澄まされた演奏能力を堪能しながら、
管弦楽の響きに、流れに、身をまかせて、
音に酔って過ごすだけで、
感情も心地よく揺り動かされて、
夢中になれる体験。
 
 
  
作曲家マーラーの死後、半世紀以上を経て、再評価が高まり、
1990年代には世界的に「マーラー・ブーム」が巻き起こって、今では、
プロ・アマ問わず、オーケストラの主要なレパートリーに挙げられる作品です。
 
それを(当日は、CD演奏ですけど)
ライブ・ハウスの間近なスピーカーで大音量で聴きながら、
ついでに、
おどっちゃぉ〜!〜って企画です。
 
むっちゃ、おもしろいっぺ〜♪
  
  
  ***

  
木室陽一 ソロ・ダンス
〈 聴くダンス 〉シリーズ
マーラー作曲「交響曲第5番 嬰ハ短調」を 踊る
  
2021年6月25日(金) 開演:19:30〜(開場は30分前)
会場:ライブハウス singing space SING OUT「シング・アウト」
(愛媛県松山市三番町5-3-8 フレッシュリーブス・地下1階)
入場料:1500円 プラス 別途ワンドリンク・オーダーをお願いします。
  
(おつまみ、食べ物持ち込み✨自由!です。なんて素敵っ✨)
  
  
   *   
  
  
会場は、3密回避のため、常時換気と客席のスペース確保を行なっています。  
  
あ、聴くだけでなくて、
飛び入りで、一緒に踊ってくれて大丈夫ですよ!
 
客席も、舞台も、一体となった空間です。
僕らが、音に身を震わせ、
想いを世に放てば、
会場の外に居る皆んなにも、
時をこえて、名作の たましい が届きます。

木室陽一 blog内公演ページ:
https://blog.goo.ne.jp/kimuro_yoichi/e/f1cecc25520dd266b96958f3894cf191
スポンサーサイト



Secre

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR