FC2ブログ

シアターTACOGURA #19 子どものための12月公演 『クリスマスキャロル』

2019_12_シアターTACOGURA_高知

シアターTACOGURA #19 子どものための12月公演
『クリスマスキャロル』(再演)
原作:チャールズ・ディケンズ

<日時>
2019/12/6(金)①19:30~
2019/12/7(土)②14:00~③19:30~
※上演時間約70分。開場は開演30分前です。

<会場>
多目的ホール「蛸蔵」 高知市南金田28

<料金>(前売・全席自由)
小学生 800円
中・高・大学生 1,000円
社会人1,500円
未就学児 0円(要予約)

◆当日券は小学生以外、各200円増し。
◆本公演の内容は小学生以上を対象としております。未就学のお子様には十分お楽しみいただけない場合がございます。
ご理解いただいた上でご予約ください。
◆障がい者手帳をお持ちの方は該当券種から200円引きです。
◆車イス等の方は事前にご相談ください。

公演内容、チケット購入、その他不明な点は下記までご連絡ください。
チケット予約フォーム https://theater-tacogura.wixsite.com/kochi/play19
mail:theatertacogura@gmail.com
tel:090-2897-7033(サカシタ)


<あらすじ>
欲ぶかく、情けしらずのスクルージ。クリスマスの寄付をつのる紳士を追いはらい、従業員ボブを冷たくあしらいます。
その夜、三人の精霊がスクルージの前に現れます。精霊とともに、過去、現在、未来の自分に会いにいくと。


出演:
山岸 信幸(フリー)
山田 憲人(おさらい会)
行正 琥道(フリー)
行正 忠義(シャカ力)
野村 春菜(カラクリグループ)
川島 敬三(カラクリグループ)
奄莉(TRY-ANGLE)
清里 達也(TRY-ANGLE)
工藤あさひ(フリー)
オカザキケント(フリー)
中平 花(フリー)
伊藤 麻由
伊藤 瑞紀

脚本:サカシタナヲミ
演出:藤岡武洋

[主催] シアターTACOGURA・NPO蛸蔵

世紀のイギリスの富裕層にインパクトを与え慈善寄付額をはねあげた名作。今も世界中で上演されています。
昨年のシアタコ「クリスマス・キャロル」は、好作品と評価が高く、子どもから大人まで楽しんでいただけたようです。さて昨年も話題になった俳優陣ですが、新たなメンバーを加えてさらに豪華な顔ぶれになっています。演出も昨年とはちがい・・・と、これはどうぞご来場ください。12月ホール蛸蔵でお待ちしています。

昨年のアンケートから
僕が生きて来た60年間を振り返っても、この20年ばかりに、拝金主義の蔓延りと社会の酷薄化が極端に進んだように感じているから、この実に普遍性に富んだ前々世紀の古典をいま上演することの意味を強く感じる。 ボブ夫婦やスクルージの妹に、恵まれない子どもたちへの支援活動を敢えて込めていたあたりには、今の時代に対する作り手の社会意識が窺えるように思われた。会計士ボブ(山田憲人)が、「クリスマスで得をしたことはないかもしれないが、いいことは起きる」と言っていたのが印象深く、「いいこと=得すること」ではないというのは、人生観として、とても重要な部分だという気がする。

シアターTACOGURA HP内公演ページ:
https://theater-tacogura.wixsite.com/kochi/single-post/xmascarol
スポンサーサイト



Secre

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR