FC2ブログ

香りと絵本とおもちゃ楽器 アンデルセンと過ごすクリスマスコンサート 『もみの木』

2019_12_コキカル_香川A
2019_12_コキカル_香川B

香りと絵本とおもちゃ楽器 アンデルセンと過ごすクリスマスコンサート
『もみの木』

日時:
2019年12月01日 19:30 – 21:00

会場:
本屋ルヌガンガ,
〒760-0050 香川県高松市亀井町11−13

参加費:
2,800円(1ドリンク付き)

*参加申し込みはルヌガンガHP内イベントページにて


クリスマスが近づき街がそわそわしてくる12月1日。
keipyanと桐子が絵本リーディング音楽会をお届けします。
リーディング音楽会とは、ピアニストのkeipyanがトイピアノとおもちゃ楽器で演奏し、桐子がリーディングパフォーマンスを行う音楽会のことです。
今回選んだ本はアンデルセン著『もみの木』(アノニマスタジオ)です。
その舞台に合わせたアロマも香ります。
アロマとkeipyanの音楽と桐子のリーディングが化学反応を起こすとどんな世界になるのか。五感に満たされた空間を一緒に過ごしましょう。

演奏予定曲:そりすべり、ホワイトクリスマス、ジングルベルなど。 


* keipyan(ピアノ・おもちゃ楽器奏者)佐藤 桂子
丸亀在住のピアニスト兼おもちゃ楽器奏者ギタリストのように何処でも演奏出来る楽器に憧れてトイピアノを集めはじめる、というのは建前でおもちゃと綺麗な音が好きな音フェチ。両手両足を駆使しておもちゃ楽器を演奏をする姿はシュールで笑いを誘っているが本人は至って真面目である。特に相棒のシンバルモンキーに人気を奪われ嫉妬している。クラシックのピアノが専門だが、食いしん坊でお酒が好きなので、ラウンジ、バー、パーティ会場等で歌謡曲や映画音楽、アニメからジャズまでリクエスト曲を弾いて貰えるおこぼれが収入源である。iTunes、Amazon、LINEmusic等にてアルバム「toy keipyan」「Wilderness are」をリリースしているが、「ダウンロードが苦手だからCD作って」とよく言われるので家でCD焼いているカフェ好き犬好き乙女である。

*桐子 カヲル (コキカル主宰/舞台作家・俳優)
生まれも育ちも香川県。その後大阪でパフォーマーとして活動後、コキカルを立ち上げ演劇作品を発表している。また、音楽家や画家とライブをしたり、図書館等で親子向け絵本リーディング音楽会なども行っている。幼少時から図書館や本屋に通い詰める活字中毒者で、特に活版印刷物を与えると喜ぶ大正文学好き。高村光太郎の「触覚の世界」を読んで以来、この世界は触覚でできていると思いこんでいる。猫と子供に出くわすと見境なく駆け寄るので、逃げられてはよく凹んでいる。また宇多田ヒカル好きで「言葉の起源は音楽じゃないか」という彼女の説を信じて、音楽から生まれる言葉で演劇を作りたいと思っている演劇人である。

*Ayanas山下 亜希子
過去にアロマ専門店で5年間店長として勤務。その後、香川県初のアロマ空間コーディネーターの資格を取得。2017年に香りで空間を演出するブランド「Ayanas」を設立。個人、ショップ、企業向けに天然アロマを使ったオリジナルブレンドによる空間演出や、絵本や音楽、インテリアとのコラボ等、様々な分野でオリジナルのアロマを制作。
“ひとの心や空間を優しさとわくわくで満たしたい”という想いを込め、天然のアロマをひとつひとつ丁寧にブレンドしています。香りは目に見えない最高の魔法。世界でたったひとつの香りが、あなただけのメッセージやストーリーを彩ります。


本屋ルヌガンガHP内イベントページ:
https://www.lunuganga-books.com/events/kaoritoehontoomochagakki-anderusentosugosukurisumasukonsato?fbclid=IwAR2KsOfh-m4mtFiKJ5L5Sb3b2Zh_Qt0jNNS5plxxU__u4GjO_2OyVPjvar8
スポンサーサイト



Secre

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR