FC2ブログ

木室陽一 ソロ・ダンス〈 聴くダンス 〉シリーズ ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界から」を 踊る

51294664_2174250342633757_8785294847360630784_n.jpg

木室陽一 ソロ・ダンス
〈 聴くダンス 〉シリーズ
ドヴォルザーク作曲 交響曲第9番「新世界から」を踊る

日時:
2019年 2月22日(金)
午後7:30 〜 開演(30分前より開場)

会場:
ライブハウス singing space SING OUT「シング・アウト」
(松山市三番町5-3-8 フレッシュリーブス・地下1階)

入場料:
1500円 プラス 別途ワンドリンク・オーダーをお願いします。
食べ物・おつまみ、持ち込み自由!ですっ。


島に暮らすダンサー
木室陽一 の
ソロダンス
〈 聴くダンス 〉シリーズ
古今の名曲・名盤と共に踊る1時間

今回は、
クラシック音楽の教科書のような作品。
ドヴォルザーク作曲 交響曲第9番 「新世界より」 全曲 を聴きます。



学校の音楽の時間で、聞いたことある。
それでなくても、CMとかで何度も流れてる。
それとは知らずに、知ってるメロディ〜♪
クラシック好きには、基本中の基本。
あまりにもポピュラー過ぎて、いまさら全曲とか聴かない。

(o^^o)

ほんっとに、誰もが一度は耳にした事のある有名曲。


コンサートでも、意外と演奏されなくなってきてるのは、

「知られ過ぎてる」っていう理由もあるのですが、

実は、
コールアングレ っていう特殊な楽器が必要たったり(演奏者も限られてる)、
ほんの10小節くらいしか使われない楽器があったり(第2楽章のコラールだけに登場するチューバ です)、
たった、「一音」だけ、鳴らされるシンバルが、なぜそこで使われるのが未だに「謎」だったり。

オーケストラの演奏上での、
特別感が大いにある。
なかなかライブで聴けなくなってきた、名曲。

それでも、
名曲は、
やっぱり、人のこころを震わせる
惹きつけてやまない、響きに満ちてます。



全4楽章の、こころの旅。

ライブハウス「シング・アウト」での、大音量での空間に包まれて、

ちょいと一杯飲みながら (^O^)
新春のひと時を、
名曲に浸って
一緒に、過ごしましょ〜♪

ご予約ご不要です。

ひょっこり、会場に(おつまみ持参で)おいでませ〜

Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/808097726191057/
スポンサーサイト



Secre

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR