FC2ブログ

平成30年度 県民総合文化祭 演劇公演

2018_11_愛媛県演劇_愛媛A
2018_11_愛媛県演劇_愛媛B

平成30年度 県民総合文化祭 演劇公演
劇団はぢめました。『来世とぷにぷに弱酸性』
劇団サイケデリックマンモス『ミステリーボーダー 〜あの夏の記憶〜』
劇団笑夢『妖怪村のヨウ子』

日時:
2018/11/18(日)
開場12:30/開演13:00/終了16:00

場所:
新居浜市 市民文化センター中ホール

入場無料


3劇団の妖怪シリーズ!!
共存か闘争か!
愛と友情と3つの物語は、
闇と光の中を進んでゆく!


【プログラム】
■劇団はぢめました。
『来世とぷにぷに弱酸性』
作:山内貴志
演出:山内貴志、劇団はぢめました。

代々陰陽師の家系である土門家に、ある不可解な依頼が舞い込んだ。
その陰陽師に依頼するとは一見見えない不可解な依頼は、
陰陽師とはいえ、家に関係ないはずだった
次男坊の土門通観の人生を大きく変える前兆だったことを、彼はまだ知らない。

■劇団サイケデリックマンモス
『ミステリーボーダー 〜あの夏の記憶〜』
作・演出:山本淑子

妖怪村に迷い込んだ少女陽子が、親しくなった妖怪たちに別れを告げ、村を去って長い月日が流れた。妖怪村は人間の手によって破壊され、迫害された妖怪たちは、その存在すら忘れられようとしていた。
カフェ・モンストルに密かに集う妖怪たちの元へ陽子の子孫が現れたことで物語は動き出す。
人間との共存か、それとも世界を乗っ取るか、妖怪たちを二分する闘争の幕が、今、切って落とされる。

■劇団笑夢
『妖怪村のヨウ子』
作・演出:田邊 憲司

時は昭和47年の夏。心に傷を抱えた少女(ヨウ子)は、知らぬ間に妖怪村に迷い込んでいた。
そこで、ミコ(妖怪の娘)と出会い、人と妖怪の垣根を超えて友情が芽生える。
だが、人と妖怪の共存。互いに悩み続ける中、ヨウ子は妖怪村を去る。

お問い合わせ先:
愛媛県県民総合文化祭実行委員会 089-947-5581
愛媛県文化協会 089-932-8310
愛媛演劇協会 090-6285-9122

劇団笑夢HP:
http://gekidan-emu.jp

劇団はぢめました。HP:
https://ameblo.jp/gekidan-hadimemashita/

劇団サイケデリックマンモスHP:
http://www.pd-mammoth.com
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

TweetsWind

検索フォーム

QRコード

QR