FC2ブログ

寂光根隅的父ワークショップ『身体表現としての演劇』

2018_12_寂光_WS_愛媛

寂光根隅的父ワークショップ
『身体表現としての演劇』

日時:
2018/12/22,23(土日):13:00-17:00

会場:
松山市男女共同参画推進センターCOMS(コムズ) 3階:多目的室
〒790-0003 愛媛県松山市三番町6丁目4-20
http://www.coms.or.jp/access/index.htm
(松山市駅より徒歩10分)
※会場へのお問い合わせはご遠慮ください。

参加費:
1日のみ参加:2000円
2日間通し:3000円

申し込み締切:
2018/12/14(金)

予約・問合せ:
劇団だるまど~る 前田浩和
携帯   ‭090-3782-2181‬
メール  ‭darumadoll2011@yahoo.co.jp

     
今年1月の双身機関「授業」、9月のだるまど~るとの共同プロデュース「白-shira- 」を経てのワークショップを行います。

過去3回のワークでは、正直なところ今まで自分が蓄えてきた身体や声に関する技術を伝えられたらそれで良いと思っていました。
ですが、上記2つの公演を共有したこれからは、何よりも共に舞台という時空間を築くワークショップになります。

ワークショップを超えるワークショップが始まります。それがどんなものになるのか、私にも想像がつきません。

是非ご参画下さい。お待ちしています。

寂光根隅的父


内容:
安部公房演技システム、ヨガの呼吸法、古武術、シーン創作、など

使用テキスト:
ウジェーヌ・イヨネスコ「授業」他
※参加者には予めテキストをお渡しします。指定箇所を覚えた上でご参加下さい。


寂光根隅的父 jakounezuminopapa
演出家、双身機関代表。高校在学時より演劇を始める。皇學館大学国文学科卒。1990年代にアスベスト館、天使館などで舞踏を学ぶ。1995年に双身機関を結成。以後、企画・演出を担当、身体と空間を軸にした実験的な公演活動を続けている。
 松山には2011年のCTT松山設立をきっかけに現地演劇人との交流を開始、2015年より年1回のワークショップを開催。今年1月にはイヨネスコ作「授業」をもって初公演、また9月にはだるまど~るとの共同プロデュースで「白-shira-」を製作・上演し衝撃を与えた。
合気道初段。舞台芸術財団演劇人会議会員。


Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/2225232490820407/
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR