FC2ブログ

坊ちゃん劇場『よろこびのうた』徳島公演・東京公演

2018_坊ちゃん劇場

坊ちゃん劇場 第13作「第九」アジア初演100周年記念
『よろこびのうた』
徳島公演・東京公演


■徳島公演

日時:
2018年10月20日(土)14時~、17時30分~
2018年10月21日(日)10時30分~、14時~

会場:
あわぎんホール 徳島県郷土文化会館
(徳島市藍場町2丁目14番地)

チケット料金:
一般  4,500円(前売り 4,000円)
中学生以下 3,500円(前売り 3,000円)


主催 徳島新聞社、坊っちゃん劇場
共催 愛媛新聞社
協力 鳴門市ドイツ館

チケットのご予約は、徳島新聞社 事業部または、坊っちゃん劇場まで

お問合せ先
徳島新聞社 事業部(予約・販売窓口)TEL 088-655-7331

坊っちゃん劇場 TEL 089-955-1174(火曜定休 9時~18時)


■東京公演

日時:
2018年11月28日(水)15時~、19時~
2018年11月29日(木)10時30分~、14時~

会場:
江東区立 ティアラこうとう 大ホール
(都営地下鉄新宿線・東京メトロ半蔵門線「住吉」駅A4番出口より徒歩4分)

チケット料金:
S席 7,500円(前売 7,000円)
A席 6,500円(前売 6,000円)
※高校生以下各3,000円引き、障がい者割引 各1,000円引き


主催 坊っちゃん劇場、徳島新聞社、福島民報社
共催 愛媛新聞社
特別協賛 四国明治、サントリー酒類、ANA

チケットのご予約は、坊っちゃん劇場窓口・お電話、またはオンラインサービスにて。

お問合せ先:
坊っちゃん劇場 TEL 089-955-1174(火曜定休 9時~18時)
オンラインチケットお申込みはこちらから→https://ws.formzu.net/fgen/S16875362/



想いが溢れた時、人は歌う

この物語は、徳島県において、日本で初めてベートーヴェンの第九『歓喜の歌』が歌われた史実を元に、ドイツ人捕虜と日本人との交流、葛藤、対立、和解を描いた、現在(いま)に通じる愛と平和のエンターテイメントです。 第一次世界大戦中の徳島、『板東俘虜収容所』には、1000名近いドイツ兵俘虜が収容されていました。ドイツ軍楽隊の若い兵隊『ミハエル』は、老舗旅館の箱入り娘『明子』に一目惚れ。明子もまた西洋音楽を教わるうちに次第にミハエルに惹かれていきます。ところが明子の父、元軍人の『豪太郎』は二人の交際に大反対、明子の見合い話を強引に進め、二人の仲を裂こうとします。
やがて戦争は終わり、ミハエル達は祖国ドイツに帰ることになりました。ドイツ人たちは町の人々に感謝の思いを伝える為、最後の音楽会を開いて『歓喜の歌』を歌うことにします。その時、ミハエルと明子は……?


*詳細は坊ちゃん劇場HPをご参照ください。


坊ちゃん劇場 徳島・東京公演HP:
http://news.botchan.co.jp/?eid=362

坊ちゃん劇場HP:
http://www.botchan.co.jp/
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

TweetsWind

検索フォーム

QRコード

QR