FC2ブログ

マグネットシアター『来る日も来る日も私は歩く』

2018_10_マグネットシアター_香川A
2018_10_マグネットシアター_香川B

マグネットシアター
『来る日も来る日も私は歩く』

演出:Mark Fleishman

【日時】
2018年10月
20日(土)14:00開演
21日(日)11:00開演
*受付開始は開演の60分前
*上演時間:約60分

【場所】
四国学院大学ノトススタジオ(香川県善通寺市文京町3-2-1)
*善通寺駅から徒歩8分・善通寺ICから来るまで8分
*駐車場は1日300円でご利用いただけます

【料金】
予約:一般2,000円 学生1,000円 高校生以下500円
当日:一般2,500円 学生1,500円 高校生以下800円
*未就学児はご入場できません(対象:小学4年生以上)
*リピート割りあり(当日チケットの半券をご提示ください。)
*学生の方は当日学生証をご提示ください

【上演言語】
英語 (上演前に日本語で物語についてのお話があります。)

【予約・お問い合わせ】
予約フォーム⇒http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=b46bb31682
四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)
E-mail : sipa@sg-u.ac.jp
TEL/FAX : 0877-62-2324 (電話受付 平日10:00~18:00)


家族を亡くし、様々な困難にぶつかっても、懸命に前を向いて歩き続ける難民少女の話。
現代の南アフリカを題材にしており、思わず胸が暑くなる作品です。

【出演者】
Faniswa Yisa
Jennie Robyn Reznek


■マグネットシアターとは
過去30年間、国内外で活動している南アフリカの劇団です。
演劇の考え方を認め、人々の身体の状態、考え方、感情、信念、理解を変える経験を通して様々なことを研究しています。
日々変化する地域や世界の現状と共に人々の生活と心の中で動く力になるような活動を行なっています。
また、恵まれない市町村に対しワークショップを開催し、観客の観る力を養う活動も行なっています。1987年の創立以来、アフリカ大や海外の劇場のメーカー、パフォーマー、観客に影響を与え続けています。


【スタッフ】
監督:Mark Fleishman
プロダクションマネージャー:David Themba Stewart
照明デザイン:Daniel Galloway
セットデザイン:Julia Anastasopolous
舞台監督:中村知佳都
音響:児島塁
通訳:ネルソン ジョシュア
制作:四国学院大学アートマネジメント公開講座2018受講生
四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)

【主催】四国学院大学
【協力】ノトスプロダクション 演劇コース制作部 シバイエンジン
【ノトススタジオ芸術監督】西村和宏
【プログラムディレクター】仙石桂子
【助成】平成30年度文化庁大学における文化芸術推進事業


----------------------------------
マグネットシアターワークショップ

マグネットシアターのメンバーによる身体を使ったワークショップを開催いたします。
*詳細はノトススタジオHPにて随時更新いたします。

日時:2018年10月17日(水)18:00-22:00
対象年齢:18歳以上
料金:無料
定員:20名
会場:四国学院大学ノトススタジオ
予約締切:2018年10月12日(金)

お申し込み方法:
四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)
E-mail : sipa@sg-u.ac.jp
件名を
「マグネットシアターワークショップ参加希望」とし、
ご氏名(フリガナ)
年齢
今までの活動歴(有・無) *有の方は年数をご記入ください
応募動機(400字程度)
をご記入の上、メールにてご予約ください。


ノトススタジオHP内公演ページ:
http://www.notos-studio.com/contents/event/event/3356.html
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

TweetsWind

検索フォーム

QRコード

QR