FC2ブログ

Coquecal short pieces『地下室のラプソディ』

2018_7_コキカル_香川A
2018_7_コキカル_香川B

Coquecal short pieces Op.2
『地下室のラプソディ』

作・構成 コキカル

コキカル×ドストエフスキー×金庫室演劇

日時:
2018/7/14(土)19:00開演
2018/7/15(日) 19:00開演       
2018/7/16(祝月)18:00開演
*受付は開演の1時間前
*開場は開演の10分前
 
会場:
Tetugakuya (てつがくや)
香川県仲多度郡多度津町東浜2ー22

料金:
1,500円 (1ドリンク付)


フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキーは「罪と罰」で知られるロシアの大文豪です。ロシア帝国時代。日本は江戸-幕末-明治あたりです。
海を越えてたどり着いた異国文化の中に、彼の作品も紛れ込んでいました。
今回モチーフにした「地下室の記録」は、二十年以上、地下の一室に引きこもっている人物の話です。
文学作品と聞いたら敬遠するかもしれませんが、今も昔も変わらない人の性を書くのが文豪です。
ロシア人の名前は覚えられないからちょっとね、って方も大丈夫です。引きこもりが主人公なので、人の名前も、あまり出てこないんです。

出演:本郷亜弓/桐子カヲル
音楽:田中昭全
制作:シアター・デザイン・カンパニー
主催:コキカル

 
 ◎ご予約前の注意点
1)会場は元信用金庫内にある金庫室の中です。上演時間は30分程度の予定ですが、閉所が苦手な方にはおすすめ出来ない環境です。ご了承の上、お申込みください。
2)駐車場はいくらかありますが、会場から少し離れています。公共機関の利用にもご協力お願いします。
*利用可能駐車場はHPでご案内いたします。

チケットの予約はHPから可能です。

コキカルHP内イベントページ:
https://coquecal.wixsite.com/coquecal/news
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

TweetsWind

検索フォーム

QRコード

QR