劇団いちびり一家 演劇ワークショップ in 高知〈演劇けんきゅう会〉

2018_7_いちびり一家WS_高知

劇団いちびり一家
演劇ワークショップ in 高知
〈演劇けんきゅう会〉

日時:
2018/7/15(日)14:00〜16:00
*受付は30分前

会場:
蛸蔵
(高知市南金田28 アートゾーン藁工倉庫)

参加料:
1000円

定員:
20名(先着順)

参加資格:
演劇に興味のある方。経験不問!
*動きやすい服装でご参加ください。(靴を脱ぎます)


なぜ「演劇」なのか?
いきなりで申し訳ありませんが、コレ、ずっと問うてきました。
「演劇」に魅せられて、自分たちの「演劇」を探しながら、
この問いかけから自由になれた験しは一度もありません。
つまり、「演劇」がなんなのかもわからないままに、
2000年に仲間と劇団を立ち上げ、いまに至ります。

あなたを発見した時、わたしが誕生した。
ヒトとヒトが出会う。それで、きっと、もう「演劇」なんだろうと思います。
誰かと誰かが出会ったとき、「演劇」はすでに始まっているんだろうなぁ、と思うのです。
そこで、大阪から高知へ旅し、新しい出会いに刺激を頂こうと吉田さんにご相談し、この度〈演劇けんきゅう会〉を画策しました。

わたしたちの出会いは演劇になりうるのか?
そんなことに挑戦したくって、こちょこちょ準備し、高知へ参ります。
どなたか、一緒に遊んでください。
一緒に演劇を探してください。

肉体に内紛される言葉、もしくは見えない言葉の考察。
その日に集まったメンバーで、用意された「言葉」を頼りに、
あれこれ遊んでみたいと思っています。
せりふになる言葉とならない言葉の発見を目指して。
みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

■阪上洋光(さかうえひろみつ)
兵庫県立宝塚北高校普通科在学中に秋浜悟史と劇表現に出会い、演劇を志す。
大阪芸大卒業後、同大学院芸術制作研究科終了。
現在は、宝塚北高校演劇科、大阪芸大舞台芸術学科などで講師を務め、
また知的障がいを持つ方々との劇作りにも積極的に取り組んでいる。
劇作、演出の他に俳優としても舞台に立ち、
南河内万歳一座や兵庫県立ピッコロ劇団などの外部出演も多数。

■劇団いちびり一家
2001年3月大阪芸大ミュージカルコース卒業生を中心に旗揚げ。
以来、すべての本公演を、
オリジナル曲と生バンド演奏による音楽劇のスタイルで上演している。
日常的な世界と詩情あふれる幻想世界が混在する劇団いちびり一家の劇世界。
それは時に難解と評されることもあるが、
音楽や絵画を楽しむように全身をそこに委ねて行けば、
あら不思議!見えないものが見えてくる・・・?
演劇の歴史にとらわれない奔放な劇表現を目指して邁進中。


お申し込み・お問い合わせ:
劇団いちびり一家
090-1154-1239
ichibiriikka@yahoo.co.jp

ヨシダワークス
090-6488-8401
http://www.yoshida-works.undo.jp

ヨシダワークスHP内公ワークショップページ:
http://yoshida-works.undo.jp/?p=951

劇団いちびり一家HP:
https://www.ichibiriikka.com
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

TweetsWind

検索フォーム

QRコード

QR