FC2ブログ

坊ちゃん劇場『よろこびのうた』

2018_坊ちゃん劇場

坊ちゃん劇場 第13作「第九」アジア初演100周年記念
『よろこびのうた』

【日程】
2018/1/27~2019年1月上旬(予定)

【会場】
坊ちゃん劇場
(愛媛県東温市見奈良1125)

想いが溢れた時、人は歌う

この物語は、徳島県において、日本で初めてベートーヴェンの第九『歓喜の歌』が歌われた史実を元に、ドイツ人捕虜と日本人との交流、葛藤、対立、和解を描いた、現在(いま)に通じる愛と平和のエンターテイメントです。 第一次世界大戦中の徳島、『板東俘虜収容所』には、1000名近いドイツ兵俘虜が収容されていました。ドイツ軍楽隊の若い兵隊『ミハエル』は、老舗旅館の箱入り娘『明子』に一目惚れ。明子もまた西洋音楽を教わるうちに次第にミハエルに惹かれていきます。ところが明子の父、元軍人の『豪太郎』は二人の交際に大反対、明子の見合い話を強引に進め、二人の仲を裂こうとします。
やがて戦争は終わり、ミハエル達は祖国ドイツに帰ることになりました。ドイツ人たちは町の人々に感謝の思いを伝える為、最後の音楽会を開いて『歓喜の歌』を歌うことにします。その時、ミハエルと明子は……?

【キャスト】
ミハエル(ドイツ人俘虜)/四宮 貴久
明子(遍路宿のひとり娘)/帆風 成海

パウル・エンゲルス大尉/村上 幸央
松江豊寿所長/小林 遼介
豪太郎/中村 元紀
絵美子/脇山 尚美

マイスナー上等兵/梶 雅人
牧野/渡辺 輝世美
きよ/小野 佑子

五郎/瀧田 和彦
六郎/長本 批呂士
渦子/松尾 奈実
潮子/佐藤 朱莉

【スタッフ】
脚本/羽原 大介
演出/錦織 一清
音楽監督・作曲/岸田 敏志
振付・ステージング/神在 ひろみ
装置/土屋 茂昭
衣裳/山田 靖子
ヘアメイク/我妻 淳子
照明/高山 晴彦
音響/松岡 修平
効果/中村 俊夫
小道具/岩辺 健二
脚本協力/入江 おろぱ
編曲/稲田 しんたろう/村井 一帆(piano 参加)/荒木 博司(ギター参加)
歌唱指導/西野 誠
相撲指導/西予市乙亥大相撲
ドイツ語指導/ルードルフ ライネルト(愛媛大学)
琴演奏指導/歌昇鈴
演出補/大杉 良
舞台監督/石井 忍

【協力】
鳴門市ドイツ館
Bee HIVE Rta**
北方獅子舞保存会(東温市)
徳島市観光協会

*公演スケジュール等、詳細は坊ちゃん劇場HPをご参照ください。

坊ちゃん劇場HP:
http://www.botchan.co.jp/
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

TweetsWind

検索フォーム

QRコード

QR