FC2ブログ

雲劇祭2017

2017_11_雲劇_島根A
2017_11_雲劇_島根B

雲劇祭2017

日時:
2017/11/4(土)11:00~
※オープンは30分前

会場:
出雲国際交流館
出雲市平成町2320-1
(出雲保養センター平成温泉東側)

チケット料金:
一般2000円(前売・当日)
学生1500円(前売・当日)※受付で学生証をご掲示ください
小学生以下無料
+投げ銭制

お問合せ:
雲の劇団雨蛙 kumogeki.amagaeru@gmail.com
080-1232-6459(朝日山)
または各団体まで

【出場団体】
■雲の劇団雨蛙​​(島根県)
島根県出雲市を拠点とする劇団(雲劇祭主催団体)。全国のコンペや演劇祭を回りながらアクティブに活動中。第1回神奈川かもめ短編演劇祭にて中国ブロック代表として参加(決勝4位)。利賀演劇人コンクール2017奨励賞受賞(上から数えて4番目)。だいたい4位の劇団です。一芸があれば誰でも入団可能! 劇団員大募集!
トップへ戻る

■theater 045 syndicate(神奈川県)
2009年、主宰・中山朋文が地元横浜から発信するために設立。劇場のみならず、市内のバーや中華街のレストランなどでも公演を行う。また、「劇王神奈川」では初代、二代目劇王となる。
この夏、初代関東劇王となり、劇王Ⅺアジア大会に関東代表として参戦。

■岩坪成美(東京都)​
1988年鹿児島生まれ。桐朋学園芸術短期大学卒業後、フリーの役者として活動。劇場のみでなく様々な場で演劇を上演する。
東北の民舞に魅了され、青森で修行。
今回の一人芝居を作るきっかけともなる。

■超歌劇団(静岡県)​
静岡を中心に活動するお笑い演劇集団。
熱く、クサく、酔いしれる。
お客さん参加型の歌わず踊らない、歌劇団を超える歌劇団、
それが超歌劇団。
静岡No.1ではなく小演劇王を目指す。

■株式劇団マエカブ​(香川県)
演劇を身近にという想いで、2011年より多種多様な公演を続けています。
代表的な公演スタイルは、通称[マエカブキ]とよばれる
エンタメ歌舞伎や、国の重要文化財での演劇祭の企画、うどん屋での公演です。

■楽園王​(東京都)
​楽園王は今年26年目の東京を拠点に活動する劇団。
作品は「エッシャーの絵の中に紛れ込んだよう」と迷路に喩えられる。
「利賀演出家コンクール」にて「優秀演出家賞」を受賞するなど古典、近代戯曲も手掛ける。

■シャカ力(高知県)​
2010年10月結成。
四国劇王Ⅳ、Ⅴで優勝し、四国初の二連覇を達成。
第1回神奈川かもめ短編演劇祭にて「演出賞」受賞。古典劇からコントまでジャンルを問わず、日々しゃかりきに企んでいます。

■楽一楽座​(徳島県)
初めまして、楽一楽座です。「楽しいが一番の楽しい劇団」をコンセプトに、2017年5月に活動を始めました。初めて四国を旅立ち、瀬戸内海を渡り、はるばる島根にやって来ます!
僕たちの「楽しい」をお届けします!

■イチニノ(茨城県)​
「誰よりも汗をかけ!」を合言葉に、
難しいコンセプトは心の奥底に秘めて
「えいやあ!」で、濃密な舞台空間を創るチーム。
「1、2の」までは準備するので、「3!」はみなさんご一緒に。

■ユニットM-ing(島根県)​
島根県出雲市で、それぞれに演劇に関わる30代、40代、50代の女性3人が、雲劇祭のために組んだユニットM-ing(エミング)。演じるのはリアルな女の人生。山を越えたらまた山の日々の暮らしを、淡々とさらりと演じます。

【雲劇祭とは】
雲の劇団雨蛙が2013年より行っている演劇祭。
《神無月》とされる11月、島根県では日本中の神々が集まるということから《神在月》と呼ばれています。
雲劇祭は、私たちがこれまで知りあった全国の劇団を《神在月》に島根県出雲市へお迎えし、新たな縁結びの場となることを目的としています。演劇祭後には、誰でも参加可能な大打ち上げがあり、劇団同士だけでなく、出演者と観客も繋がれるイベントとなっています。

雲劇祭2017
https://kumogekiamagaeru.wixsite.com/kumogekifes
スポンサーサイト



Secre

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR