FC2ブログ

富良野GROUP『屋根』今治公演

2016_2_富良野GROPU_A_

富良野GROUP公演2016冬
『屋根』
今治公演

作・演出:倉本 聰

倉本聰が描く 日本の家族史

日時:
2016/2/29(月)18:30~
※開場は開演の30分前

会場:
今治市公会堂
(今治市別宮町1丁目4-1)

料金(全席指定・税込):
S席:前売4000円/当日4500円
A席:前売3500円/当日4000円

前売りチケット取り扱い:
ローソンチケット(Lコード 63991)
ぴあチケット(Pコード 448-071)
愛媛新聞社読者事業部


 富良野に初めて移り住んだ頃、僕は連日のように原野をさまよい、そこここに残された廃屋を見て歩くのを日課にしていた。
その殆どはとっくに朽ち果てた、無残な過去の記憶だったのだが、その屋根を剥がし中を覗くと、
そこには離農したした家族の当夜の情景が必ずと云っていいい程浮かび上り、僕の心を強烈に射て来た。
 貧困の中で生き、日本の農を支え、夫々が小さな倖せを包み、時代から捨てられたそれらの廃屋。

 そうした廃屋の情景を元に、「北の国から」を僕は発想し、「悲別」を書きそしてこの「屋根」を創った。
 廃屋は僕の富良野に於けるいわば創作の原点だった。

 今朽ち果てた原野に眠る、埋もれた家族のささやかな喜怒哀楽。
 戦前・戦中・戦後そして今。時代に流されたそうした人々の暮らしの歴史を、屋根だけがじっと見つめて来たにちがいない。
屋根は一体何を想ったか。

 この芝居は朽ち果てた屋根を通して語るひとつの鎮魂の詩である。


■倉本 聰
1935年、東京都出身。脚本家・劇作家・演出家。
東京大学文学部美学科卒業ボ、1959年ニッポン放送入社。
1963年に退社後、脚本家として独立。1977年、富良野に移住。
1984年から役者やシナリオライターを養成する私塾「富良野塾」を主宰。
代表作に「北の国から」「前略おふくろ様」「昨日、悲別で」「ライスカレー」「優しい時間」「風のガーデン」など多数。

作・演出 倉本 聰
音楽 倉田 信雄
出演
加藤 久雅 熊耳 慶 森上 千絵 納谷 真大 水津 聡 久保 隆徳 前 有佳 有門 正太郎
東 誠一郎 久保 明子 杉吉 結 松本 りき 栗栖 綾濃 富 由美子 大山 茂樹 末広 遥
金井 修 長谷川 奈緒美 町屋 圭祐 芳野 史明 黨 清信 三池 優 村田 純 松本 ふみか
竹原 圭一 能登谷 駿介 三須 杏奈 他

お問い合わせ:
しまなみアースランド 0898-32-5375 (平日8:30~17:15)
愛媛新聞社読者事業部 089-935-2355 (平日9:00~17:00)

富良野GROUP公演『屋根』イベントページ:
http://www.kuramotoso.jp/yane2016.html
スポンサーサイト



Secre

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR