FC2ブログ

C.T.T.松山 vol.25出場者募集

2020_3_CTT松山_募集_愛媛A
2020_3_CTT松山_募集_愛媛B

Contemporary Theater Training (C.T.T.Matsuyama)
チャレンジャー大募集!
【募集中止、開催延期】

ライブパフォーマンスならなんでもOK!新しいことを試してみたい方を応援しています。
ご興味を持たれた方はどうぞお問い合わせください。

C.T.T.松山 vol.25
日程:2020年5月16,17日(土日)予定
応募締切:4/10(金)
【募集中止、開催延期】

新型コロナウイルス感染症の影響により、募集中止、開催延期となりました。
詳細はシアターねこHP等公式の情報を参照下さい。

http://theaterneco.main.jp/?p=4722

■C.T.T.とは
 「とにかく舞台を踏んでみたい」「演技や演出の実験がしたい」「作品の有り様を探るために観客の批評を受けたい」「自分の作品を舞台化してみたい」等々で、発想されたのがC.T.T.です。
 演劇・ダンス・アートパフォーマンスを志す人なら誰でも参加できます。
 1作品30分以内で照明・音響・舞台装置は簡素です。
 終演後、作品への投票をしてもらいます。また作品をブラッシュアップするためのアフタートークをします。
 上位団体は、他都市のセレクションに参加できます。

■C.T.T.出演条件など
□作品条件 上演時間30分以内
C.T.T.事務局は基本舞台と地明かりを用意(オペレーターも)、それ以外の効果が必要な場合は参加者で用意。タイムテーブル内の仕込みができる。
□参加費2500円/出演者、演出家等主たる参加者1人
※セレクション上演会は参加費不要
□ステージ数 2ステージ(各回終了後、合評会実地)
□チケット・チラシ
 必要に応じてチケット・チラシを参加グループに配布。(チケット販売ノルマはありません)売れ残ったチケットと売上金は当日会場にて清算。各グループ5名の招待券。
※招待者は投票権がありません。ただし、参加グループ×50円にて投票権を購入できます。
□参加グループへの分配 上演協力金のうち50円×投票数を参加グループに還元。

申し込み先
C.T.T.松山事務局(NPO法人シアターネットワークえひめ)
TEL/FAX 089-904-7025
Mail:tne0630@yahoo.co.jp
URL:http://cttmatsuyama.jugem.jp/
スポンサーサイト



フライブルク市制900年記念 “ダイバーシティ2020” アーバン ヤング ラボラトリー オブ アート ​参加者募集

フライブルク市制900年記念
“ダイバーシティ2020”
アーバン ヤング ラボラトリー オブ アート
​参加者募集

Freiburg Municipal 900th Anniversary
Application guidelines for “divercity_2020” an urban young laboratory of art

<募集概要>
松山市の海外姉妹都市フライブルク市に拠点を持つ民間芸術3団体がフライブルク市制900年を記念して姉妹都市とのアート交流事業を開催します。
そのうちのイーヴェルクフライブルク(E-WERK Freiburg e.V.)(以下、主催者)が、松山市を含む海外姉妹都市の青少年のために、2020年夏、ダイバーシティ2020アーバンヤングラボラトリーオブアートを開催しますので、松山からは青少年2名(上限)を募集します。
主催者からのメッセージを参照ください。

<参加期間>
2020年7月10日~26日の17日間(予定)
2020年7月6日〜9日に現地到着

<参加場所>
ドイツ・フライブルク市

<参加者>
フライブルク市及び海外姉妹都市の青少年(8~10名)

<目的>
参加者同士での異文化交流、芸術交流、意見交換、共同制作し、共にクロスアートな公開パフォーマンスや展示、またプレゼンテーションなどの表現活動を行う

<プログラム内容>
主催者とのインターネットメールによる連絡等(渡航前)
フライブルク市について知見を広げ、アート交流事業への参加(現地滞在中)
他の全ての参加者との14日間のアートプロジェクトへの参加(現地滞在中)
主催者とのインターネットメールによる連絡等(帰国後)

<応募対象者>
2020年4月1日時点で、20歳から30歳の方で、以下のうち一つ以上該当する方、或いはその予定である方
・松山市在住者
・通学先・勤務先が松山市内である者
・活動拠点が松山市内である者

<応募条件について>
以下のすべての条件を満たす方
・自ら海外渡航(手配も含む)でき、海外の青少年たちと共同生活できる方
・国際交流及び文化・芸術活動に関心があり、積極的に参加できる方
・英語等外国語によるコミュニケーションに関心があり、積極的に挑戦できる方(滞在中に加え、渡航前と帰国後も主催者との英文メール等でのやり取りがあります)

<参加特典>
松山空港からフライブルク駅までの交通費、現地での宿泊費、食費が主催者から支給・提供されます。

<参加者数>
1~2名

<募集締め切り>
2020年2月28日(金)まで

<審査の概要>
・本募集要項に基づき、主催者から依頼を受けた松山側の窓口(ダイバーシティ2020アーバンヤングラボラトリーオブアート松山ブランチ)が募集及び審査の手続きを代行し主催者が参加者を最終決定します。
・審査の過程で資料等の提出を求めることがあります。
・決定者に加え、次点者も採択されることがあります。

<ご質問・応募先>
ご質問は、Q&Aページの質問フォームよりお送りください。
回答は受付終了後、フライブルクの確認が取れ次第、掲載いたします。
質問受付終了:2月14日(金)

応募フォームより、ご応募ください。
募集締め切り:2月28日(金)必着

質問・応募内容を確認後、fm2020branch@gmail.comより受付完了のメールをお送りします。
3〜4日経っても届かない場合は、お手数ですがお問い合わせください。

◯主催者代行
ダイバーシティ2020アーバンヤングラボラトリーオブアート松山ブランチ(※1)
〒791-8061 愛媛県松山市三津2丁目8-18
Mail: fm2020branch@gmail.com

◯主催者
社団法人 イーヴェルク フライブルク(E-WERK Freiburg e.V.)
http://ewerk-freiburg.de/

◯助成
フライブルク市

◯後援・協力
松山市(予定)

<個人情報の取扱いについて>
応募いただいた際の個人情報は、「ダイバーシティ2020アーバンヤングラボラトリーオブアート松山ブランチ」が管理し目的以外の利用はいたしません。

(※1)ダイバーシティ 2020 アーバンヤングラボラトリーオブアート松山ブランチ構成メンバー
NPO 法人クオリティ アンド コミュニケーション オブ アーツ
NPO 法人シアターネットワークえひめ
yummydance
ハンブンコ
赤丸急上昇
ハニーサクル


*その他、詳細についてはHPをご参照ください。


フライブルク市制900年記念
“ダイバーシティ2020”
アーバン ヤング ラボラトリー オブ アート HP:
https://fm2020branch.wixsite.com/fm2020

終戦75年記念ミュージカル 『紫電改〜君がくれた紫のマフラー〜』 出演者募集

2020_2_坊ちゃん劇場アウトリーチ募集_愛媛

終戦75年記念ミュージカル
『紫電改〜君がくれた紫のマフラー〜』
出演者募集

主催・制作:坊っちゃん劇場
特別協力:ゆめモグ(南海放送)

原作:江刺伯洋
脚本演出:近藤誠二(坊っちゃん劇場アウトリーチ事業部)
音楽:山本太郎
振付:村中弘和(坊っちゃん劇場アウトリーチ事業部)

南海放送さんの特別協力のもと、この夏放送されたラジオドラマがミュージカルとなって来年の夏に上演されます!

【オーディション情報・募集情報】
日程:2020年2月16日(日)13:00〜17:00
場所:アートヴィレッジとうおんリハーサルホールNEST
参加費:無料
参加資格:小学生以上・健康でやる気のある方・経験不問
合格予定:40名
応募締切:2020年2月10日(月)

*ボランティアスタッフに応募されたみなさんは2020年3月15日(日)13時から説明会が行われます。

【公演情報】
日時:2020年8月15日、16日(全4回公演予定)
場所:南海放送テルスターホール
稽古:2020年3月中旬〜(日曜中心に全24回を予定)
稽古場所:東温市クールスモール2階坊っちゃん劇場アウトリーチ事業部稽古場ほか

【問い合わせ・申込先】
坊っちゃん劇場アウトリーチ事業部
TEL:089-990-7336
FAX:089-990-7338
Email:outreach@botchan.co.jp
〒791-0211 東温市見奈良1125 クールスモール2階

応募用紙の募集要項を読んでいただき、郵送、FAX、Eメールで
坊っちゃん劇場アウトリーチ事業部までお送りいただくか、直接ご持参ください。

応募用紙ダウンロード

坊っちゃん劇場HP内募集ページ:
http://news.botchan.co.jp/?eid=529&imageviewer&image=20191217_2856994.jpg

Unit out『高慢と偏見』(仮) 役者・スタッフ募集

Unit out『高慢と偏見』(仮)
役者・スタッフ募集

Unit out 2020年5月と6月の本公演(松山と広島を予定)に向け、
オリジナルの演劇作品のクリエイションに係わって下さる、
役者・スタッフを募集しています。
「ここ」から生まれる「演劇」を作ってみませんか?
ご興味のある方はお問合わせ下さい。

【役者】20〜40代に見える男女若干名
    *県外の方、稽古日程等相談にのります
【スタッフ】ご興味のある方ならどなたでも
【稽古予定】2020年2月中旬頃から週2〜3回
      (土日含む・本番週のみほぼ毎日)

【お問合わせ】
Unit out@gmail.com (玉井)
Twitter https://twitter.com/unitout
Facebook https://www.facebook.com/unitout/
HP https://unitout.wixsite.com/unitout

********************************
Unit out
『高慢と偏見』(仮)

作・演出 玉井江吏香
出演(現在確定) 白戸七海・小野桜子・木邨明恵(きよしこのよる)&・・・
スタッフ 田坂涼
企画・制作 Unit out

【募集】松山ブンカ・ラボ 文化サポートプログラム〈らぼこらぼ〉~あなたのアイディアを応援します

松山ブンカ・ラボ 文化サポートプログラム〈らぼこらぼ〉~あなたのアイディアを応援します

松山ブンカ・ラボでは事業プログラム企画案を募集します。採択された企画案は2020年度に松山ブンカ・ラボ及び企画提案者の共催事業として実施します。一緒に創り、発信できるみなさんのアイディアをお待ちしています。
(※助成事業、補助金事業ではありません。松山ブンカ・ラボが企画提案者と業務提携を結び共に催す事業です。)

◆応募条件
〈企画対象〉
・ジャンル、形式は問いません(ワークショップ、公演、展示、講座、調査研究等なんでもOK)
※公的資金(行政等の補助金等)が入る予定の企画は応募できません。

〈企画案に望むこと〉
・固定化、定着化した企画ではなく、柔軟にアレンジできる企画内容であること。
・ハッとする新しい視点や価値観を示す企画であること。
・事業を実施することによって市民や地域との新しい関係性が築かれること。
・一過性のイベントとして消費される企画ではないこと。

〈応募対象者〉
・営利を目的としない団体、個人(法人格の有無を問いません)。
・2月15日実施の公開プレゼンテーションに参加できること。
・松山ブンカ・ラボの活動及び存在に対して肯定的であれ否定的であれ理解があること。
※政党、政治団体や布教活動に結び付ける宗教団体は応募できません。

〈企画の予算規模〉
100万円以内

◆応募について
〈募集期間〉
2019/12/1~2020/1/24

〈応募フォーム〉
 HPダウンロードしてください⇒文化サポートプログラム応募フォーム(松山ブンカ・ラボ)

〈提出物〉
・企画提案書(応募フォーム①②③に記入したもの)
・参考資料(提出しなくても構いません)

〈応募先〉
・Eメール bunkamatsuyama@gmail.com
・郵送   〒790-0005  愛媛県松山市花園町4−9 岡田ビル1階 松山ブンカ・ラボ
※ 直接お持ちいただいても結構です。

◆決定のプロセスについて
〈選考方法〉
① 一次書類通過
・松山ブンカ・ラボディレクター及びアドバイザーによる話し合いを経て通過企画を決定。
・1月31日に発表します(メールにてご連絡いたします)。
② 二次公開プレゼン
・一時通過企画提案者は公開プレゼンテ―ション(2月15日13時30分~)をしていただきます。
・プレゼンを踏まえアドバイザーによる話し合いを経て採択企画を最終決定します。

〈採択数〉
1団体~3団体程度

◆公開プレゼンテーションについて
本事業の公開プレゼンテーションは松山ブンカ・ラボ主催のシンポジウム〈公共性とは何か?市民協働とは何か?文化活動から考える(仮)〉内の第一部として実施します。

公開プレゼンテーション&シンポジウム〈公共性とは何か?市民協働とは何か?文化活動から考える(仮)〉
〔日時〕 2月15日(土)13時30分~17時00分
〔会場〕 愛媛大学 城北キャンパス
〔アドバイザー&パネリスト〕
伊藤裕夫(文化政策研究者、日本文化政策学会 元会長)
小川智紀(NPO法人STスポット横浜 理事長)
宮下美穂(NPO法人アートフル・アクション 事務局長)
桃生和成(一般社団法人 Granny Rideto 理事長)

松山ブンカ・ラボHP内企画ページ:
https://bunka-lab-matsuyama.com/information/537/?fbclid=IwAR061owLSpVzbtVNIJU5Hchb6RVTvW7WKsqqw--mBlnZFiUIbW-2l_JgYsM

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR