FC2ブログ

アートヴィレッジTOON戯曲賞 2018 公開最終審査

2019_3_TOON戯曲賞
2019_3_TOON戯曲賞_愛媛B

アートヴィレッジTOON戯曲賞 2018 公開最終審査

日時:
2019年3月17日(日)14時〜16時

会場:
東温アートヴィレッジセンター シアターNEST
( 東温市見奈良1125番地 レスパスシティ/クールス・モール2F )

参加費:
無料

駐車場:
あり(無料)


一次審査で選出された戯曲の大賞決定審査会を公開で行います。
5人の審査員が、最終審査に残った5作品とその作家も参加する中で審査経緯を公開します。
会場の観客も、観客賞に一票を投じることができます。
そこで選ばれた大賞作品は、2019年度に東温アートヴィレッジセンター シアターNESTで上演を予定しています。


【一次審査通過作品】
『草の家』 作者:守安 久二子(岡山県)
『地球と金魚』 作者:上原 裕美(大阪府)
『回る』 作者:藤井 友紀(広島県)
『ペルシャの家路』 作者:山田 めい(広島県)
『滲む山』 作者:稲田 真理(大阪府)


【審査員】
2次審査(最終審査)は5人の審査員による公開審査会を実施

■鈴江俊郎(劇作家・演出家)
オフィス白ヒ沼主宰。岸田國士戯曲賞、文化庁芸術祭賞大賞、OMS戯曲賞、シアターコクーン戯曲賞など。戯曲は英独露インドネシア語に翻訳され海外でも紹介されている。

■篠原 久美子(劇作家)
劇団劇作家代表。2005年『ヒトノカケラ』で鶴屋南北戯曲賞ノミネート。2013年『空の村号』で第48回斎田喬戯曲賞受賞。演劇教育にも携わり、各地で劇作ワークショップなどを行っている。

■坂手洋二(劇作家・演出家)
1983年、燐光群を旗揚げ。作品に『くじらの墓標』『神々の国の首都』『天皇と接吻』『ブラインド・タッチ』『だるまさんがころんだ』『星の息子』等。2003年『屋根裏』で読売文学賞受賞。

■松井 周(劇作家・演出家・俳優)
1996年劇団「青年団」に俳優として入団後、2007年に劇団「サンプル」を旗揚げ、青年団から独立。2011年に『自慢の息子』で岸田國士戯曲賞を受賞。2018年7月~8月にホリプロ『レインマン』(新国立劇場中劇場他)の演出を控える。

■矢内原 美邦(ニブロール主宰・振付家・劇作家・演出家)
日常的身振りをベースに独自の振付で国内世界各地のダンスフェスティバルなどに招聘。2012年岸田國士戯曲賞を受賞。美術作品の制作も行い、上海ビエンナーレ、大原美術館、森美術館などの展覧会に参加。2007年第1回日本ダンスフォーラム大賞他受賞歴多数。


アートヴィレッジとうおんHP内イベントページ:
https://art-village-toon.jp/event/post-618/

シアターねこHP内イベントページ:
http://theaterneco.main.jp/?p=4018
スポンサーサイト

松山ブンカ・ラボ『市民・地域・福祉・教育と向き合うアート』

2019_2_ブンカラボ_愛媛

松山ブンカ・ラボ
まちと文化とアートの学校 – 第3回 –
『市民・地域・福祉・教育と向き合うアート』

<スピーカー>
多田淳之介(演出家、東京デスロック主宰、埼玉県富士見市民文化会館キラリふじみ芸術監督、高松市アートディレクター)

日時:
2019/2/23(土)14:00〜16:00

会場:
愛媛大学総合研究棟2 ラーニングコモンズ2(3階)

定員:
30名

参加料金:
無料


日本の現代演劇シーンを牽引する演出家の多田淳之介さんは鋭い問題意識と斬新な演出によって、観る者を覚醒させる作品を次々と発表しています。また、国際的には韓国等との共同制作やアジアのアーティスト同士が交流する環境づくりにも熱心です。一方、地方公立劇場の芸術監督として市民と地域社会の課題に向き合い、ワークショップや市民参加作品も手掛けています。第一線で活躍するアーティストが胸に秘める「芸術の公共性」に耳を傾けます。

【プロフィール】
多田淳之介
(演出家、東京デスロック主宰、埼玉県富士見市民文化会館キラリふじみ芸術監督、高松市アートディレクター)

1976年千葉県出身。富士見市民文化会館キラリふじみ芸術監督。2013年、日韓共同製作作品『가모메 カルメギ』で韓国の演劇賞「第50回東亜演劇賞」を受賞。(一財)地域創造リージョナルシアター派遣アーティスト。四国学院大学非常勤講師。APAFアジア舞台芸術人材育成部門ディレクター。東アジア文化都市2019豊島事業ディレクター。高松市アートディレクター。


申し込み・お問合せ:
松山ブンカ・ラボ
tel:070-3795-5403

松山ブンカ・ラボHP内企画ページ:
https://bunka-lab-matsuyama.com/program/program_school/46/

松山ブンカ・ラボFacebook
https://www.facebook.com/bunkalabmatsuyama/

患者さんとこころで向き合うコミュニケーションワークショップ

2019_4_今井純WS_愛媛

患者さんとこころで向き合うコミュニケーションワークショップ in 東温

【日時】
2019年
4/19(Fri) ①19:00~22:00
4/20(Sat) ②10:00~13:00
     ③14:00~17:00
     ④18:00~21:00
4/21(Sun)⑤10:00~13:00
     ⑥14:00~17:00

※21(Sun) 19:00~ インプロライブを開催いたします!

【料金】
通し 一般:18,000円(各回3,000円)
   学生:9,000円(各回1,500円)

※通しの方優先ですが各回ごとに受講も可能です。詳しくはお問合せ下さい。

【場所】
愛媛大学医学部 基礎第3講義室
(〒791-0295 愛媛県東温市志津川)


今回、愛媛大学医学部に講師の今井純さんを初めてお招きします!
医療従事者、医療系学生だけではなく、医療福祉、教育など「ひと」と向き合うかたを対象にインプロのワークショップを開催します!
たくさんのご参加お待ちしてます!!


◎講師紹介◎
今井 純(Jun Imai)

東京コメディストア・プロデューサー。
国際シアタースポーツ協会・アジア地域理事。
アクターズスタジオの芸術監督フランク・カサロとインプロの世界的指導者キース・ジョンストンにそれぞれ、メソッド演技と即興演技を学ぶ。キース・ジョンストンをはじめ、「ルースムースシアター」芸術監督デニス・ケイヒル、ショーン・キンリー、リン・ピアース、マーク・ラムなどの来日ワークショップでは通訳を務める。
長年、奈良橋陽子主催のUPSアカデミーで即興演技を指導。また大手事務所に出向き、テレビ、映画、舞台で活躍中の俳優やタレントに現場での即興的演技表現力や対応力を高める指導をし、好評を博している。著書に「自由になるのは大変なのだ」「即興し始めた日本人~キースジョンストンのインプロ~」全3巻「キースジョンストンのインプロ~来日ワークショップの記録~」がある。


【お申込み・お問い合わせ】
①氏名(ふりがな) ②年齢 ③電話番号 ④簡単な経歴 ⑤参加希望日 を明記のうえ
sekaigekidan.uni.club@gmail.com (廣本)
までご連絡ください。

Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/499115180616224/

ミュージカルスクール体験レッスン 講師:宇高海渡

2019_2_宇高WS_愛媛

ミュージカルスクール体験レッスン
演技 基礎 WS

講師:宇高海渡

日時:
2019/2/10(日)
2019/2/16(土)
両日共18:30〜21:00

場所:
東温アートヴィレッジセンター リハーサルホール
愛媛県東温市見奈良1125 レスパスシティ/クールスモール2F
https://art-village-toon.jp

お申込み:
坊っちゃん劇場アウトリーチ事業部
0899907336 へお願いします・


役を自分に引き寄せるのではなく、自分が役に歩み寄る、その人物として「生きる」為の方法を、
エクササイズ・シアターゲーム・インプロを使って体験しましょう。
普段の生活では刺激されない部分を使って、動作する、感じる、話す体験を通して、
日常生活の充実や芸術活動に取り組みやすい身体を目指します。

舞台経験者でも、演技をやったことがない初心者の方でも、それぞれに発見がある時間となるようにガイドします。

必要なもの:
水かお茶(ペットボトル、水筒など)、動きやすく、無地の服装(あれば白か黒)
チャレンジしてみたいモノローグ(1分程度の独白、長セリフ)←あればで結構です

参加費 1000円

定員 13名
限られた時間で、なるべく参加者お一人お一人を見られるように、13名とさせていただきます。お申込み、お待ちしております。

坊ちゃん劇場HP:
http://www.botchan.co.jp

鳥の劇場公演「どろぼうがっこう」関連展示 『鳥の劇場がやってくる!鳥取県からやってくる!』

鳥の劇場公演「どろぼうがっこう」関連展示
『鳥の劇場がやってくる!鳥取県からやってくる!』

日時:
2018年12月5日(水)-2019年1月14日(月祝)
時間 9:30-17:00

会場:
あかがねミュージアム にいはまギャラリー
(愛媛県新居浜市坂井町2丁目8番1号)

料金:
無料


2019年1月13日に、親子で楽しめる演劇「どろぼうがっこう」を上演する、劇団「鳥の劇場」。
鳥取県の山あいの城下町・鹿野町を拠点に、
演劇を中心としたアートを通じて地域に関わっていく「鳥の劇場」のこれまでやこれから、
舞台で実際に使用した衣装や道具類などを幅広く紹介する、小さな展示です。


お問い合わせ:
あかがねミュージアム
電話 0897-31-0305


【関連企画】
鳥の劇場による親子で楽しめる演劇
「どろぼうがっこう」
日時:1月13日(日)13:30開演
会場:あかがねミュージアム あかがね座
料金 500円
http://www.akaganemuseum.jp/event/鳥の劇場による親子で楽しめる演劇「どろぼうが/

鳥の劇場カフェトーク
「中島さん、鳥の劇場のこと、教えてください!」
日時:1月13日(日)15:00~
会場:あかがねミュージアム Cuカフェ
料金:無料 カフェ利用
http://www.akaganemuseum.jp/event/鳥の劇場カフェトーク「中島さん、鳥の劇場のこ/


あかがねミュージアムHP内企画ページ:
http://www.akaganemuseum.jp/event/鳥の劇場公演「どろぼうがっこう」関連展示-『-22/

鳥の劇場HP:
http://www.birdtheatre.org

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

TweetsWind

検索フォーム

QRコード

QR