FC2ブログ

ノトスラボvol.12『Chonpu- チョンプー』広島公演

2018_12_ノトスラボ_広島A
2018_12_ノトスラボ_広島B

ノトスラボvol.12『Chonpu- チョンプー』広島公演
上演演目:「病と気と殻」「PIANO」「やかんを火にかける」「よい子わるい仔ふつうの児」「メオトメ」
作・演出=仙石桂子 振付=白神ももこ

【日時】
2018年12月13日(木) 18:00開演
※受付開始は開演の60分前

【会場】
広島市南区民文化センター<スタジオ>
〒732-0816 広島県広島市南区比治山本町16番27号

【料金】
予約:一般 1,500円 / 学生 1,000円
当日:一般 2,000円 / 学生 1,500円


仙石桂子が作・演出を手掛ける5作目の舞台公演。
振付にモモンガ・コンプレックス主宰、白神ももこを迎え、そのユニークなダンスも見どころ。
出演は四国学院大学の学生、プロの俳優、香川県善通寺市民に加え、
ピアニスト、バイオリニストを迎え、生演奏とともに人の心のうつろいや、さまざまな愛の形が、
5つの短編の糸をよるように紡がれるドラマをお届けします。


■プロフィール
【作・演出】仙石 桂子 Sengoku Keiko
即興演劇シーソーズ主宰・四国学院大学社会学部身体表現と舞台芸術マネジメント・メジャー准教授・修士(教育学)
2006年より一橋大学学生相談室職員、2010年よりタイのシラチャ日本人学校国語科専任教諭を経て、2012年より現職。専門は演劇教育、インプロ(即興演劇)。一橋大学勤務時には、学生に向けてコミュニケーションスキルアップセミナーを行うかたわら、国立市まちかどホール、練馬区関中学校、千葉市社会福祉研修センター、志仁会などでインプロを使ったワークショップを実践。シラチャ日本人学校では、国語科の授業の中にインプロを取り入れた授業を実践。著書に『ドラマ教育入門』(図書文化社、共著)。

【振付】白神 ももこ Shiraga Momoko
ダンス・パフォーマンス的グループ「モモンガ・コンプレックス」主宰。
全作品の構成・振付・演出を担当。無意味・無駄を積極的に取り入れユニークな空間を醸し出す作風には定評がある。フェスティバル/トーキョー14では美術家毛利悠子、音楽家宮内康乃らとストラヴィンスキーの『春の祭典』を手がけた。子どもから大人まで老若男女問わず一般向けのダンスワークショップも行う。
モモンガ・コンプレックスHP
http://momongacomplex.info

【舞台美術】カミイケ タクヤ Kamiike Takuya
香川県在住。「移動」の時間や景色や言葉などの中より遭遇、経過、喪失などを模索。
主には美術(インスタレーション、平面作品など)と舞台美術(演劇、ダンス、サーカスなど)を制作。
その他にWS、ライブパフォーマンス、舞台演出、小屋製作など幅広く活動をしている。
カミイケタクヤHP
https://www.kamiike.info

【出演】小飯塚 貴世江 Koiiduka Kiyoe
桐朋学園大学芸術科演劇専攻卒業後、劇団俳優座に15年在籍していた。現在は(株)クリオネに所属。舞台の仕事を中心に、ドラマ「ドクロゲキー後味の悪いサスペンスー」「たべるダケ」「ゆとりですがなにか」「ドクターX」「anone」ほかに出演。
また独特な声を活かし、アニメ「無人惑星サヴァイヴ」のピンク色のネコ型ロボットチャコの声や、「Mr.インクレディブル」のカーリ、海外ドラマ「GIRLS」ショシャンナ役 などの声も担当している。
子供から老婆まで、シリアスからコミカルまで幅広く担当する役者。
2019年3月には寺十吾氏との2人芝居を控える。

【出演】渡 猛 Watari Takeshi
即興遊戯者・インプロバイザー・即興エンターテイメント集団「ロクディム」共同主宰。
即興で演じ、歌い、踊る1人芝居ライブ「ヒトリワタリ」を3年半毎月開催。vol.41を経て全国展開中。
自身が主催する即興ワークショップ「ワタリーショップ」を都内で定期開催。他、日本中の大学や企業でも即興ワークショップを通して「今の自分に気づき、見て、大事にする」「他者と失敗を笑い飛ばしながら、喜びの中で関わる」即興体験を提供している。
ブロードウェイで最もロングランした1人芝居「Defending The Caveman」をハリウッドキャスティングディレクター奈良橋陽子監修のもと、2年間公演を行い好評を得る。
自身が監督・脚本・演出・主演した映画が映画祭で賞を取るなど映像制作活動にも精力的。
即興(インプロ)ライブやワークショップを中心に、自身の全てを通して、勇気をもって、自分自身をさらに穏やかにまるごと愛す選択をすること、他者と喜びの中で幸せに生きていく方法を学び実践し伝えていく活動を続けている。
詳細はhttp://www.watari-bouya.com/まで。

■公演情報
【出演】
小飯塚貴世江(クリオネ)
渡猛(6-dim+)
沖野まや
北村茉由
小林誠
マテオペレスエスティフタカヒコ
宮地真優
星野晋代(ピアノ)
平野あずさ(バイオリン)
【スタッフ】
舞台美術/舞台監督:カミイケタクヤ
舞台美術補佐:武智奏子
舞台監督助手:中村知佳都
照明プラン:高木里桜
照明操作:ミュウ・ライティング・オフィス
照明補佐:長尾淳美 江島慶俊
音響:児島塁
演出助手:宮地真優
ヘアメイク:持田景子
宣伝美術:カミイケタクヤ
制作:渡辺里紗 青木奈緒 鉢峯輝敏 太田奈緒 川畑菜美 宮地真優 上田英治
【主催】
四国学院大学/SeeSaws
【協力】
四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)

ノトススタジオHP内公演ページ:
http://www.notos-studio.com/contents/event/event/3473.html
スポンサーサイト

パッチワークス『Re:Q→P』京都公演

2018_10_パッチワークス_京都

パッチワークス
KYOTO Experiment 2018|京都国際舞台芸術祭 2018 参加作品
『Re:Q→P』

日時:
2018/10/27(土)19:00(公開リハーサル)
2018/10/28(日)13:00/17:00
(開場は、各30分前)

会場:
人間座スタジオ
京都市左京区下鴨東高木町11

チケット料金:
一般:¥2000
学生以下:¥1000
(当日券は各¥500アップ)
※27日の公開ゲネは、入場無料。ただし時間変更の可能性あり。詳しくは劇団までお問い合わせください。


「わかりあえないことをわかりあおうとしているんです」
2018年2月横浜で上演した「Q→P」のリファイン(精製)、震災・政治・原発、当事者性を持たない四国愛媛の表現者の「わかりあえなさ」から半年。
2018年7月西日本豪雨、その中被災地会場で行った演劇、被災した土地に住む当事者性を持ったはずの自分の言葉は断絶と拒絶の響きしか持ち得なかったこと。
語る言葉は匿名とデマに飲まれ、示す身体は恐怖と怒りで動かず、「わかりあえないこと」を伝えることすら失った自分たちの3ヶ月。演劇を行っていた3ヶ月。
これはドキュメンタリーですらない、置きた出来事と置かれた人を解体整理陳列する「EXPERIMENT(実験)」、仮説は断絶、手法は演劇、結果は劇場の中に。
「わかりあえないこと」とは何かを問う、パッチワークスKYOTO EXPERIMENT参加作品。

制作:パッチワークス、村山公一
構成・演出:村山公一
出演:品部大和、ZOO(kunstkammer)、村上夏生、村山公一


【チケット予約】
電話 09028287037
メール muko5512@i.softbank.jp、
予約フォーム https://481engine.com/rsrv/pc_webform.php?d=7a09878568&s=&


Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/2207326879544890/

KYOTO Experiment 2018 公演ページ:
https://kyoto-ex.jp/2018/fringe_open-entry/patchworks/

パッチワークスHP:
https://www.patchworkstheatre.com

Hanbun.sato.co 関東ツアー2018『アタシノアシタ』

2018_11_hanbunco_関東A
2018_11_hanbunco_関東B

Hanbun.sato.co 関東ツアー2018
『アタシノアシタ』

Hanbun.sato.coワールドへようこそ
コマ撮りアニメーション×ダンス×音楽
約2万枚の絵が織りなす繊細で美しいアニメーションを生み出す山内知江子。ダンスと芝居の狭間を自由自在に行き来するコンテンポラリーダンサー得居幸。どこの国ともつかない歌声や音で風景を奏でる中ムラサトコ。三人の女達が占う「アタシノアシタ」は、アナタノアシタを映し出す。摩訶不思議で力強く美しいパフォーマンスは、アシタを生きる全ての人への贈り物。

■2018年11月16日(金)19:00開場 19:30開演
横 浜  山手ゲーテ座
横浜市中区山手町254岩崎ミュージアム地階 tel.045-623-2111
チケット予約
山手ゲーテ座 tel.045-623-2111
http://www.iwasaki.ac.jp/museum/

■2018年11月17日(土)19:30開場 20:00開演
新宿南口 プーク人形劇場
渋谷区代々木2-12-3 tel.03-3379-0234
チケット予約
プーク人形劇場 tel.03-3379-0234
watanabe@puk.jp

◎チケット料金
¥3500(中学生以下¥1500)前売
¥3800(中学生以下¥1800)当日
(※未就学児無料)
(収益の一部を西日本豪雨災害の義援金として寄附します)

◎お問い合せ
 ハンブンコ:090-8287-7166

Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/299554864216878/

Hanbun.co Facebookページ:
https://www.facebook.com/hanbun.co.chan/

利賀演劇人コンクール2018

2018_7_利賀_富山

利賀演劇人コンクール2018

*愛媛県より、世界劇団が出場します。

【日程】
2018/7/23(月)〜7/29(日)

【会場】
富山県利賀芸術公園

【上演日程】

■7/23(月)18:00 利賀山房
『マクベス』 作:ウィリアム・シェイクスピア 演出:豊島勇士(maz) 訳:松岡和子

■7/23(月)20:00 岩舞台
『冒した者』 作:三好十郎 演出:蜂巣もも(グループ・野原)

■7/25(水)18:00 利賀山房
『弱法師』 作:三島由紀夫 演出:福永武史(わが街の小劇場)

■7/26(木)20:00 岩舞台
『令嬢ジュリー』 作:ストリンドベリ 演出:本坊由華子(世界劇団) 訳:内田富夫

■7/27(金)18:00 利賀山房
『屋上庭園』  作:岸田國士 演出:村社祐太朗(新聞家)

■7/29(日)18:00 利賀山房
『冒した者』 作:三好十郎 演出:野村眞人(劇団速度)

■7/29(日)20:00 岩舞台
『弱法師』 作:三島由紀夫 演出:波田野淳紘(劇団820製作所)

詳細については利賀演劇人コンクールHPをご参照ください。

利賀演劇人コンクールHP:
http://togaconcour.tumblr.com

パッチワークス∩ 」(積集合) 元なる演劇から生まれる可能性(集合積)による対話の創出 広島公演

2018_6_パッチワークス_愛媛A
2018_6_パッチワークス_愛媛B

パッチワークス第5回本公演 4都市ツアー
「∩ 」(積集合) 元なる演劇から生まれる可能性(集合積)による対話の創出
広島公演

劇団ハタチ族/ティッシュの会/パッチワークス
構成・演出:村山公一

日時:
2018/7/22(日)11:00/15:00/19:00
※開場及び受付開始は開演時間の30 分前から。
※総上演時間:100分
※19:00の公演は中止となりました。HP掲載リンク

会場:
広島市青少年センター アングラ劇場
(広島県広島市中区基町5-61)

料金:
前売り(一般)/前売り(学生)共通 1,000 円

チケット予約
(予約フォーム):https://goo.gl/kajmkw
(電話):09028287037
(mail):patch.works.mk@gmail.com


企画者あいさつ
僕は演劇が好きです。観ることも演ることも関わることも創ることも。 演劇には「新しい価値観」を創出提示し、社会に対し豊かな潤いと対話を生み出す可能性があると考えます。
そしてその問いと対話はなにかどこかいつかを照らし暖める「熱」が宿ると信じています。

今回4都市公演(高知/松山/広島/大阪)を実施するにあたり、観て欲しい創作者を紹き複数作品を上演します。
その作者から自分が感じた熱、それをその作品をその土地の人に知ってほしい伝えたい感じて欲しいと願い公演を行います。
皆様の声を開かせてください。僕はその声が持つ「熱」を感じられる演劇が好きです。

熱が生まれる時間を一緒に過ごせたらと思います。
劇場で話せることを楽しみにしています。

パッチワークス主宰 村山公一


【団体紹介 / 作品紹介】

■劇団ハタチ族
島根県雲南市を拠点に“演劇テーマパーク”実現を目指し活動中。2015年、前代未聞である『365日公演』の挑戦を開始。観客が0になったらチャレンジ終了というルールのなか、大晦日の大千穐楽にはチェリヴァホール465席満席をこえる527人を動員した。2018年、どんな場所や環境でも芝居を行う〈どこでも劇場〉で、代表の西藤将人が日本全都道府県&島根全市町村ツアー。そして2019年、前回を超える365日公演を決行する。

『10万年トランク』
作/演出 樋口ミユ(Plant M)
「どうも。旅人です。いくつかの物語をこのトランクから取り出してお話しましょう。
詰まってるんです、この中に。はるか昔、地球で暮らしていた人たちの物語が」

その男は旅の途中。
故郷の地球へと還る旅の途中。
宇宙船の汽笛が鳴るまでの間、ほんの暇つぶしのオムニバスストーリー。


■ティッシュの会
2010年、森嶌正紀と出井友加里によって結成。大阪を中心に活動。俳優が散漫に発した言葉を再構築して作品をつくりあげていく。2017年には、愛媛県松山市シアターねこで公演「ゆくすえ」をおこなった。

『にぎる』
構成・出演  /  森嶌正紀 出井友加里

今、わたしたちが作品であつかいたいことはなんだろうと話し合い、考え始めたとき、「お金」と「ミステリー」という2つの案が出ました。億単位のお金が動くミステリーみたいなものではなく、素朴で、すこしふしぎな作品になればいいなと思っています。テキストを書かず、喋りながら組み立てていくという作り方の演劇で、あのとき「わたし」が手にしたお金や、あのとき「わたし」の背中に触れたミステリーについて、じっくり考えていきます。


企画・主催:パッチワークス

お問い合わせ:
TEL 090-2828-7037(村山)
受付/平日18:00~23:00、土日祝9:00~23:00
mail patch.works.mk@gmail.com

Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/1860997547536897/

パッチワークス公演特設ページ:
https://patchworksmk.wixsite.com/seki-shugo

パッチワークスHP:
http://patch-works-mk.hatenablog.com/

パッチワークスFacebook:
https://www.facebook.com/patchworks13/

パッチワークスTwitter:
https://twitter.com/mura67586482

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

TweetsWind

検索フォーム

QRコード

QR