FC2ブログ

コンテンポ太夫 参加者募集中

2019_3_コンテンポ太夫_徳島A
2019_3_コンテンポ太夫_徳島B

コンテンポ太夫 参加者募集中

日時:
2019/3/3(日)14:00〜

場所:
あわぎんホール(徳島県郷土文化会館) 1階ホール

参加料:
無料

応募締切:
平成31年1月31日(木)※2次締切

申し込み方法:
「氏名・年齢」「住所」「連絡先」をご記入の上、FAX・E-mail等にてお申し込みください。
※電話でも可
あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)TEL:088-622-8121 FAX:088-622-8123
E-mail:jigyo@kyoubun.or.jp


コンテンポ太夫とは、身体を使って自由に表現しながらコミュニケーションできる「コンテンポラリーダンス」と阿波人形浄瑠璃の語りや伴奏として用いられる「義太夫」の前代未聞のコラボレーションによるパフォーマンスです。
このコンテンポ太夫では平成31年3月に「壺坂観音霊験記」をモチーフとした新作ダンス作品の創作上演を行う予定になっておりこの公演にパフォーマーとして出演いただける県民の皆さまを募集します。

出演者:
コンテンポラリーダンス:セレノグラフィカ(隅地茉歩、阿比留修一)
義太夫:鶴澤友輔
県民の皆さま(30名程度)

練習日程:
2/26(火):オリエンテーション・顔合わせ
2/27(水)〜3/1(金):稽古
3/2(土):リハーサル
※詳細は後日決定します。

主催・共催 公益財団法人徳島県文化振興財団、一般財団法人地域創造

あわぎんホールHP内企画ページ:
http://www.kyoubun.or.jp/syusai/index4.html#s4-2
スポンサーサイト

義足のダンサー・大前光市 ワークショップ『身体の声をきくレッスン』

2019_1_義足のダンサー大前光市ワークショップ_徳島

義足のダンサー・大前光市 ワークショップ
『身体の声をきくレッスン』

2016年 リオデジャネイロの大舞台にて片足4回連続バク転を披露、世界中を驚かせた!
義足のダンサー・大前光市さんによるワークショップを開催

開催日:
2019/1/20(日)

A.初級クラス 10:00~11:30 (90分) 参加費 3500円
B.中・上級クラス 14:00~16:30(150分) 参加費 5500円 ※満席

(※ダンス経験者、日ごろ身体を動かしている方
には中・上級クラスをおすすめします)

場 所:
Tokushima Conditioning Point you
徳島県徳島市佐古三番町12-26 三番町ビル1F
http://www.tcpyou.com/

定員:
各クラス20名

対象年齢:
中学生以上

*事前に、参加費をお振込みでお申込みが完了とさせていただきます。
 振込口座は、メールでのやりとりで行います。



申込やお問い合わせ(若村):
メール  ohmae.ws@gmail.com
TEL 090-1571-1952

お申込み時には
氏名、年齢、受講クラス、連絡先tel&mailをお知らせください

お電話の場合、留守電になった場合は、メッセージを録音お願いします。後ほど、ご連絡差し上げます。
着信履歴のみの場合は、こちらからご連絡しかねますのでご了承ください。


ダンステクニックのワークショップではありません。
シューズも必要ありません。

ボディーワークが中心となり
身体の使い方の指導もありです。


この世に生まれもった、ひとつの身体。
大切に使ってあげられるのは、自分自身だけです。

自分自身の身体と向き合って
「身体の声」に耳をすまし・・・心傾ける・・・

そんな時間を共有しませんか?

身体のことを知って、理解して

大切に想って・・・

うまくコントロールしていけるようになったら・・・

きっと、踊りや趣味などもっと長く楽しめる

足腰痛くない、元気なおじいちゃん、おばあちゃんになれる…

そのためのマインドやノウハウを
大前さんからお伝えいただきます。

ダンス経験や運動経験不問です
どなたでもご参加いただけます
.

~プロフィール~
交通事故で左足を失った義足のプロダンサー
大阪芸術大学 舞台芸術学科 舞踊コース卒業、
実験的アーティスト集団「Alphact」メンバー
Chacott「トリピュア」イメージキャラクター、
関西大学人間健康学部 客員教授、しながわ2020スポーツ大使
岐阜県芸術文化奨励賞受賞、米国アーティストビザ(O-1)所持
左足を失ってから10年後、国内外のコンクールにて多数の一位を
受賞。2016年 リオデジャネイロの大舞台にて片足4回連続バク転を披露、世界中を驚かせる。2017年 紅白歌合戦にて平井堅と共演、その後のNHKスペシャルで特集され大反響を呼ぶ。
2018年 MGMに招待され米国ラスベガスにてJABBA WOCKEEZと共演し大成功を収める。
宮本亜門、鼓童、山本寛斎、Ai、MIYAVI、はるな愛、白石加代子、津村禮次郎、Alessio Silvestrin、近藤良平、平山素子、辻本知彦らと共に、国内外の舞台だけでなく、テレビ、ラジオ、GQなどのファッション雑誌やメディアへの出演も多く、いま日本で最も注目度の高いダンサーの一人。


Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/367347210507343/

TSJF(とくしまシアオジャグリングフェスティバル)

DcgEgrZU8AA8-10.jpg

TSJF(とくしまシアオジャグリングフェスティバル)


日時:
2018/5/12(土)13:00~16:00

会場:
徳島県文化の森総合公園 すだちくんの森シアター
〒770-8070 徳島県 徳島市八万町向寺山1

参加費無料

ジャグラーを楽しもう!
徳島市の社会人ジャグリングサークル「シアオ」主催のジャグリングイベントです。
四国と四国近県のジャグラーさんたちと交流を深めたいと思い、Juggler A→Gさんのご協力を得ての開催となりました。
4JFのような楽しい雰囲気のイベントを目指していますので、たくさんの方々にご参加いただけると嬉しいです。
直前まで申込み受付もしていますので(参加費無料)、ご質問・お申込み・ご要望など、お気軽にコメントかメッセンジャーでご連絡ください!

《イベント内容予定》
13:00~ 受付・自由練習・交流・チーム分け
13:20~ アイスブレイク
13:40~ サイモンセッズ
14:00~ カスケードラグビー(オリジナルゲーム)
14:30~ エンデュランス
15:00~ フリーパフォーマンス
15:30~ 優勝チームへ賞品贈呈!?
15:40~ ビッグトスアップ

主催:ジャグリングサークル シアオ

Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/165729067446538/

ジャグリングサークル シアオblog:
https://ameblo.jp/juggling-shiao/

わかぎゑふ 演劇ワークショップ

2017_12_わかぎゑふWS_徳島A
2017_12_わかぎゑふWS_徳島B

第26回中四国文化の集い特別企画
わかぎゑふ 演劇ワークショップ

日時:
2017/12/16(土)13:00~17:30

会場:
あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)4階 大会議室

参加無料

募集人数:
30名程度

応募締切:
2017/12/8(金)必着

参加資格:
高校生以上の方
(応募多数の場合、徳島県在住の方を優先)

申込方法:
下記を明記の上、メールまたはFAXにてお申込み下さい
氏名/住所/携帯電話/メールアドレス(PDF等の添付ファイルが確認できるもの)/
職業/演劇経験の有無(有の場合は経験年数)/参加の動機

問い合わせ:
徳島県県民環境部とくしま文化振興課
電話 088-621-2249 FAX:088-621-2249
MAIL:tokushimabunkashinkouka@pref.tokushima.jp


リリパットアーミーⅡ二代目代表のわかぎゑふさんを講師にお迎えしての演劇ワークショップが、ここ徳島で開催されます。
発声、ストレッチ、コミュニケーションなど演劇の基礎を体験して頂きます。
高校生以上が対象で参加無料!
締め切りは12月8日ですのでお早めにお申し込み下さい!


【プロフィール】
わかぎゑふ(F・Wakagi)
作家・演出家 大阪府出身
関西小劇場の劇団リリパットアーミーⅡ二代目代表。
大阪弁の人情劇を上演するユニット、ラックシステムも主宰。
2000年大阪市きらめき賞。
2001年上演の「お祝い」の作、演出に対して大阪舞台芸術奨励賞受賞。
古典への造詣の深さも有名で、歌舞伎舞踊「たのきゅう」の脚本・衣装・演出。
新作狂言「わちゃわちゃ」の作・衣装・出演なども担当する。
2014年10月に上演した「おもてなし」(作・演出・出演・衣装)に出演した女優、みやなおこが
作品に対する主演が評価され芸術祭優秀賞を受賞したことで、
自身の人情喜劇劇作への評価も上がった。
NHKで放映中の『リトル・チャロ』シリーズの原作者でもあり、
「大阪の神々」「大阪弁の秘密」「ハイと言わない大阪人」
など大阪シリーズのエッセイも有名。

Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/1110441992425005/

玉造小劇店HP:
http://tama-show.jpn.org/

徳島近代美術館『絵画と演劇のワークショップ』

2016_8_近代美術館_徳島

徳島近代美術館
『絵画と演劇のワークショップ』

日時:
2016/8/19(金)13:00~16:00
2016/8/20(土)13:00~16:00
※2日参加が望ましいが、1日のみでも参加可。
※20名先着順

会場:
徳島県近代美術館
(徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園)

応募締切:
2016/8/10(水)

暮らしと舞台がとけあう時間

1日目は、小さなグループをつくって、絵画と椅子やうつわ等の生活の道具を出発点としながら
「暮らし」をテーマにした短い演劇のワンシーンを創作していきます。
そして2日目は展示空間を舞台に、創作した作品を<演劇>と<日常>が地つづきとなるような形で上演していきます。
2日間連続のワークショップですが、1日だけのご参加も大丈夫です。
演じる人や鑑賞する人の区別なく、美術館を共有する居心地のよい時間を体験しませんか?

<ファシリテーター>
わたなべ なおこ
演出家・ワークショップファシリテーター・あなざーわーくす主宰。観客参加型の「レクリエーション演劇」を独自に開発し、
観客と俳優の間のコミュニケーションを軸に展開するユニークなスタイルで演出活動を行っている。
またワークショップファシリテーターとしても幼稚園児から80代のおじいちゃんまで、様々な年代の方を対象に
日本各地でワークショップを行っている。

申込先・問い合わせ先:
徳島県立近代美術館
電話:088-668-1088
FAX:088-668-7198
メール:art_e@mt.tokushima-ec.ed.jp

徳島県立近代美術館HP:
http://www.art.tokushima-ec.ed.jp/

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

TweetsWind

検索フォーム

QRコード

QR