FC2ブログ

沖縄伝統芸能「組踊」ワークショップin高知県立県民文化ホール

2019_1_沖縄伝統芸能「組踊」ワークショップ_高知

沖縄伝統芸能「組踊」ワークショップin高知県立県民文化ホール

日時:
2019/1/22(火)16:30-18:30
(16:00開場・受付開始)

開催場所:
高知県立県民文化ホール事務棟3階・第5多目的室
(高知県高知市本町4丁目3ー30)

参加費:
無料

定員:
30人(先着順)

申し込み期限
2019/1/17(木)23時59分まで


ユネスコ無形文化遺産に登録、国の重要無形文化財にも指定されている
琉球伝統芸能「組踊(くみおどり)」
歌舞伎や能と並んで、日本を代表する伝統芸能の一つです。


この組踊をより多くの方に知ってもらうため、どなたでも気軽にご参加いただける体験型ワークショップを開催いたします。
平成27年から各地で実施している本ワークショップ、今回も組踊舞台で活躍する若手の演者を初めとしたメンバーで、皆様に組踊の見どころ・聞きどころを含め解説しその魅力を知っていただきます。
また映像を使った解説や所作の披露、簡単な体験ワークショップなども実施いたします。


沖縄県外はもとより、沖縄県内でもなかなかできない貴重な体験です。
伝統芸能や琉球文化、舞踊等にご興味のある方に限らず、どなたでもお気軽にご参加ください。


<組踊とは?>
約300年前、当時沖縄は琉球王国という独立した国家でした。
その当時、中国からやって来る冊封使(国王の使者)をもてなすために設置した
「踊奉行」の職にあった玉城朝薫(たまぐすくちょうくん)が考案し絶賛され、
戦争など幾多の困難を乗り越え、永く受けつがれてきました。
その基本は、台詞(唱え)、音楽、踊り(所作)によって構成される演劇です。


<講師>※都合により変更となる場合がございます
案内役/嘉数 道彦(かかず みちひこ)
国立劇場おきなわ芸術監督兼企画制作課長、宮城流能里乃会師範
初代宮城能造・宮城能里に師事
最高賞・沖縄タイムス芸術選賞奨励賞受賞
松尾芸能賞新人賞受賞

地謡/仲村逸夫(なかむら いつお)
琉球古典音楽野村流保存会師範
比嘉康春に師事
沖縄タイムス芸術選賞奨励賞受賞
国立劇場おきなわ組踊研修修了生(第1期生)

立方/講師未定
現在調整中のため、確定次第ご案内をさせていただきます。

<スケジュール>
16:00 開場・受付開始
16:30~18:30 ワークショップ(組踊の解説・所作体験・映像鑑賞など)
※多目的室を利用した体験型ワークショップとなります。 実際の組踊の上演はございませんので予めご了承ください。

<参加費>
無料
※ただし、定員に達し次第受付を終了いたします。画面で受付中の場合でも電話受付で定員に達し次第、受付を終了させていただきますのでご了承ください。

<ご用意いただくもの>
所作体験などがありますので、動きやすい服装で参加ください。靴を脱いでの体験などがありますので、靴下をはいてご参加ください。

<参加条件>
今後の組踊の普及やプロモーション、及び実施内容の記録のため、記録撮影とアンケート(A4用紙1枚)を当日お願いしております。
ご参加者の皆様のご協力をお願いいたします。


<主催>
公益財団法人国立劇場おきなわ運営財団、高知県立県民文化ホール、高知新聞社

<協力>
公益財団法人高知県文化財団

イベントHP:
https://kokucheese.com/event/index/548074/
スポンサーサイト

『Verbatim Theatre(ドキュメンタリー演劇)Workshop』

2018_12_ドキュメンタリー演劇WS_高知

演劇ワークショップ 参加者募集
『Verbatim Theatre(ドキュメンタリー演劇)Workshop』

■日時
2018年12月9日(日) 13:00~16:00

■場所
高知県立美術館ホール
(高知県高知市高須353-2)

■料金
1,000円

■対象
18歳以上(演劇経験不問)

■定員
15名
*定員になり次第、締め切りいたします。

■申し込み締め切り
2018年12月6日(木)


シンガポール在住の戯曲家・演出家チョン・ツェシエン氏によるワークショップを開催します。
ワークショップでは、参加者が持ち寄った新聞や日記などを元にして日常の断片を演劇化します。
コミュニケーションスキルをアップしたい方・ストーリーテリングに興味がある方など、お気軽にご参加ください!


■講師プロフィール
チョン・ツェシエン CHONG Tze Chien
シンガポール在住の戯曲家・演出家・人形劇団「The Finger Players」主宰
2006年 ナショナル・アーツ・カウンシル「ヤングアーティスト」受賞
代表作に「Between the Devil and the Deep Blue Sea」、「The Book of Living and Dying」など。日本でも、APAF国際共同クリエーション公演『うえる』や、シンガポール国際演劇フェスティバルにて三島由紀夫の『綾の鼓』をテーマにした作品の上演など、シンガポール国内外で精力的に活動している。


■その他
●服装:動きやすい服(スカート不可)

●持ち物
・興味のある事柄や事件、イベントなどの掲載されている新聞記事、雑誌や日記など(実際の出来事であること)
・携帯、またはパソコン(ネット環境のあるもの)

■主催
四国学院大学

■共催
高知県立美術館

■制作
四国学院大学アートマネジメント公開講座2018 受講生
SIPA

■助成
平成30年度大学における文化芸術推進事業


【お申し込み方法】
下記項目を記載の上、四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)までメールにてお申し込みください。
E-mail:sipa@sg-u.ac.jp
<件名>ワークショップ参加希望
<内容>①ご氏名 ②フリガナ ③電話番号(携帯) ④志望動機
*申し込み締め切り:2018年12月6日(木)

【お問い合わせ先】
四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)
TEL/FAX:0877-62-2324(平日10:00~18:00)
E-mail:sipa@sg-u.ac.jp

ノトススタジオHP内ワークショップページ:
http://www.notos-studio.com/contents/event/event/3493.html

すさきでおどろう。家族で、おどろう。with ホナガヨウコ

2018_12_ホナガヨウコ_高知A
2018_12_ホナガヨウコ_高知B
2018_12_ホナガヨウコ_高知C

すさきでおどろう。家族で、おどろう。with ホナガヨウコ

日程:
2018/12/5(水)〜12/9(日)


NHK Eテレや、MV、舞台などの振り付けやダンスで、活躍中のホナガヨウコさんが、すさきにやってきます。
滞在中の12月5日から12月9日は、てんこもり企画!最終日は大人もこどもも、ノリノリディスコを楽しんじゃおう!


ホナガヨウコ/ダンスパフォーマー・振付家

早稲田大学第一文学部卒業。演劇・コンテンポラリーダンス等を経て、独自のパフォーマンス作品を発表している。 また、舞台、MV、CM等、子ども向けからファッション関係まで幅広い媒体において出演・振付を行う。一児の母。2017年保育士資格取得。http://www.honagayoko.com


▲カフェでダンスがオーダーできます!(2日間)

・12月5日(水)
・11:00-13:00 14:30-16:30(カフェは11:00-17:00)
・料金:キャッシュオン 500円
・場所:藁工ミュージアム(高知市南金田28アートゾーン藁工倉庫)

藁工ミュージアムに一日限定で須崎で人気のお店「cona-café」によるカフェがオープン。
カフェメニューに "ダンス" の文字...??コーヒーやケーキを注文するみたいにダンス一丁!って注文出来ますよ! オーダーするとダンスパフォーマーのホナガヨウコが出てきて貴方の為だけに目の前で踊ります!


*******

・12月7日(金)
・13:00-15:00
・料金:キャッシュオン 500円
・場所:高知県立美術館内 ミュージアムカフェ マルク(高知市高須353-2)

展覧会の後はコーヒーとダンスをどうぞ。美術館では
【開館25周年記念幕末維新博関連事業】芳年激動の時代を生きた鬼才浮世絵師
開催中です♪



▲ママのためのゆるゆるストレッチ講座

・12月6日(木)
・14:00-15:00
・場所:須崎市保健福祉センター3階はっぴいぽけっと(須崎市山手町1-7)
・料金:無料
・定員:10人(託児もOK)
・注意事項:託児希望の場合は予約時にお知らせください。(0-3歳児まで)
動きやすい服装でお越しください。長めのタオルをお持ちください。

・抱っこに、家事におつかれのママさんのための、ゆるゆるリラックスストレッチ講座。
習ったストレッチやマッサージを覚えて帰って、パパや家族と一緒にやってみて。




▲親子でからだを使って遊ぼう

・12月8日(土)
・10:30-12:00
・富士ヶ浜(集合はすさきまちかどギャラリー)
・定員:事前予約15組
・対象:年長~小学3年生までの児童と保護者
・料金:1組500円
・注意事項:動きやすい服装と靴・汗をふくタオル・水分
・親子でスキンシップをしながら一緒に出来るからだ遊び!動きを通してバランス感覚・リズム感覚・反射神経を刺激し、からだでコミュニケーションする楽しさを親子で体験しましょう!
Facebookイベントページ→https://www.facebook.com/events/1413655318765534/


▲家族でディスコ(午前・午後1回ずつ)

・12月9日(日)
・11:00-12:00 15:00-16:00
・須崎市民文化会館 大会議室(高知県須崎市新町2丁目7−15)
・当日受付
・料金:無料
・みんなで元気に踊っちゃおう!お父さんもお母さんも君も!不思議な動物たちも一緒に!その場で覚えられる楽しい振付で、ノリノリの音楽に合わせて体を動かすよ!動きやすい格好で来てね!親子で、ご家族でご参加ください。


お問合せ・予約:
すさきまちかどギャラリー
高知県須崎市青木町1−16
TEL 050-8803-8668

すさきまちかどギャラリーHP内イベントページ:
http://machikado-gallery.com/event/experience/すさきでおどろう%E3%80%82家族で、おどろう%E3%80%82with%E3%80%80ホナ/

内藤裕敬 演劇ワークショップ 『台本読もうぜ!!』

2018_9_内藤WS_高知

内藤裕敬 演劇ワークショップ
『台本読もうぜ!!』

日時:
2018年9月23日(日)14:00〜16:00

会場:
須崎市立市民文化会館大ホール

対象:
演劇に興味のある方 (未経験者・初心者大歓迎!)

定員:
20名
参加費:
500円 (当日は動きやすい服装でお越しください)


関西小劇場界の雄、南河内万歳一座の内藤裕敬さんを講師に迎えた演劇ワークショップを開催!

内藤さんの書かれた演劇台本をテキストに、文字だけでは表現されない作家の真意をどこまで読み取れるか?
そしてその場面を声とカラダでどうやって表現するか?

演劇の魅力を存分に体験できる、ワークショップ!
未経験者・初心者・大歓迎!
たくさんのご参加お待ちしています!!

※本事業は2018年10月から翌年2月まで開催される「現代地方譚6 アーティスト イン レジデンス須崎」の関連企画です。


■講師:内藤裕敬(ないとうひろのり)
南河内万歳一座・座長。1959年栃木生まれ。高校の時に状況劇場『蛇姫様』(作・演出/唐十郎)を見て芝居の道へ。1979年、大阪芸術大学(舞台芸術学科)に入学。4年間、秋浜悟史教授(劇作家・演出家)に師事。その間、“リアリズムにおけるインチキの仕方”を追求。1980年、南河内万歳一座を『蛇姫様』(作・唐十郎/演出・内藤裕敬)で旗揚げ。以降、全作品の作・演出を手がける。 現代的演劇の基礎を土台とし、常に現代を俯瞰した作品には定評があり、劇団外での作・演出も多数。世界的ピアニスト仲道郁代との共同企画や、薬師丸ひろ子、中山美穂らの主演作品への作・演出も務める。2000年、OMSプロデュース『ここからは遠い国』で、読売演劇大賞・優秀演出家賞受賞。2005年、『調教師』(作・唐十郎)を演出、東京シアターコクーン・兵庫県立芸術文化センターにて上演。2003年本拠地となっていた扇町ミュージアムスクエア閉館後、ウルトラマーケット(大阪城ホール・西倉庫)の演劇活用に邁進。演劇の他は、競馬コラムを担当。釣りと競馬が趣味。憧れの人は、映画『大脱走』のスティーヴ・マックィーン。著作に『内藤裕敬/劇風録其之壱(内藤裕敬・処女戯曲集)』、『青木さん家の奥さん』がある。

主催:
すさき芸術のまちづくり実行委員会

お問い合わせ:
すさきまちかどギャラリー 050-8803-8668


ヨシダワークスHP内ワークショップページ:
http://yoshida-works.undo.jp/?p=1058

アートマネジメント講座「あなたの活動に文化芸術はどう貢献できるのか?」

2018_6_アートマネジメント_高知

平成30年度アートマネジメント講座Vol.1
「あなたの活動に文化芸術はどう貢献できるのか?」

日時:
平成30年6月30日(土)13:00~16:00

場所:
高知県立美術館 講義室
(高知県高知市高須353-2)

対象者:
文化芸術活動をしている方、これから企画したいと考えている方
地域振興・地域資源・歴史・観光・教育・福祉等に関わっている方
県内市町村企画・文化芸術担当者等

定員:
50名

受講料:
無料


 「高知県文化芸術振興ビジョン」(平成29年3月策定)に掲げた、文化芸術の力を活用して地域を活性化するために、地域の活動を牽引する人材の育成や、文化芸術に関わる団体や個人と大学等との連携をさらに進めるために、今年度もアートマネジメント講座を開催します。
 平成30年度1回目の講座はアサヒビールでアサヒ・アートフェスティバルやすみだ川アートプロジェクトを立ち上げ、横浜市芸術文化振興財団専務理事、沖縄県文化振興会アドバイザー、さいたまトリエンナーレ2016総合アドバイザーなどを歴任し、現在もクリエイティブ・ディレクターとして様々なプロジェクトに関わっている加藤種男氏を講師に迎え、様々な地域のアートプロジェクトを紹介していただき、参加者の皆さんが行っている活動(文化芸術だけでなく、地域振興、観光、福祉、教育などでも大丈夫です)について意見交換を行い、各々の活動に文化芸術がどう貢献できるか考えてみたいと思います。


スケジュール:
13:00~14:30
『地域アートプロジェクトの役割と可能性』
クリエイティブ・ディレクター 加藤種男氏

14:30~14:45 休憩

14:45~16:00
意見交換会
※講座後に懇親会を行おうと思っております、お時間ありましたらぜひご参加ください!


講師紹介:
加藤種男
クリエイティブ・ディレクター 
(草の根市民社会のネットワーク提唱、社会創造政策、創造都市、創造経済)
1948年兵庫県生まれ。1990年アサヒビール企業文化部創設に際し、同社に入社以来、アサヒ・アートフェスティバル、アサヒビール大山崎山荘美術館、すみだ川アートプロジェクト、アサヒ・アートスクエアなどのプロジェクトと文化施設を立ち上げる。また、プログラム・オフィサーとして、気鋭の芸術家を中心に多数の芸術文化活動や芸術家の発掘支援に携わる。草の根市民社会のネットワークを提唱して、アートNPOフォーラムを立ち上げ、アートNPOリンク理事などを務める。横浜市芸術文化振興財団専務理事などを歴任し、創造界隈形成など、創造都市横浜を推進。あわせて、沖縄県文化振興会アドバイザー、さいたまトリエンナーレ2016総合アドバイザーなどを歴任し、全国各地の創造都市、地域創造を応援。「創造列島」を提唱し、「Creative Archipelago大阪」などが始動。企業メセナ協議会専務理事、文化審議会政策部会委員などを歴任し、文化政策を提言。主な現職としておおさか創造千島財団理事、アーツカウンシル東京カウンシルボード議長、日展副理事長、八戸市「はっち」アドバイザリーボード委員長などを務める。2008年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

申込方法:
下記リンク先の申し込みフォームにてお申し込みください
(メール、お電話をご希望の方は下記までご連絡ください)
https://goo.gl/pwsnDw

問合せ・申込み先:
高知県文化財団 担当:齋藤 努
〒781-8123 高知県高知市高須353-2
TEL:088-866-8013/FAX:088-866-8008
MAIL:tsutomu_saito@kochi-bunkazaidan.or.jp

Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/746764185713279/

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

TweetsWind

検索フォーム

QRコード

QR