FC2ブログ

高校生演劇ワークショップ参加者募集・高校生ボランティアスタッフ募集

2020_1_なべげん_WS_香川A
2020_1_なべげん_WS_香川B

高校生演劇ワークショップ参加者募集
*高校生ボランティアスタッフ募集は記事下部参照

高校生演劇ワークショップ参加者募集
『演出家畑澤聖悟によるワークショップ』

ワークショップ講師:畑澤聖悟
発声練習、筋トレ、歩行。高校演劇のオーソドックスな基礎練習をやってみます。
そして、架空のお芝居(感動大作)のフィナーレ部分を作ってみます。
歌あり、一人一人の台詞あり、全員で声を合わせるシュプレヒコールあり、ひょっとしたらダンスもあり。
感動の拍手をしてしましたくなるようなフィナーレを考えて、形にします。

〇畑澤聖悟(はたさわせいご)プロフィール
1964年生まれ。劇作家・演出家。劇団「渡辺源四郎商店」主宰。青森市を拠点地に全国的な演劇活動公演を行っている。2005年『俺の屍を越えていけ』で日本劇作家大会短編戯曲コンクール最優秀賞受賞。『親の顔が見たい』が2017年、20世紀フォックスコリアによって映画化。ラジオドラマの脚本で文化庁芸術祭大賞など受賞。現役高校教諭で演劇部顧問。指導した高校を9度の全国大会に導き、最優秀賞3回、優秀賞5回受賞している。

〇日程
2020年2月7日(金)17:00~18:15

〇場所
四国学院大学ダンススタジオ

〇応募条件
高校生
※保護者の承諾が必要です。

〇定員
30名(先着順)

〇応募方法
チラシ裏面の「参加申込書にご記入の上、郵送またはFAX(0877‐62‐2324)にて四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)までお送りください。
また、「参加申込所」にある必要事項をメール(sipa@sg-u.ac.jp) で送信していただくことも可能です。件名を「高校生演劇ワークショップ応募」としてください。
下記URLからもお申込みいただけます。
WS参加予約こちら
▼お申込みいただいた方には、順次詳細を郵送いたします。

〇応募締切
2020年1月24日(金)

〇待遇
*参加者は、渡辺源四郎商店 香川公演『どんとゆけ』『だけど涙が出ちゃう』を無料にてご覧いただけます。
公演のご予約はこちらから
*保険加入あり(大学負担)

**********************************************
高校生ボランティアスタッフ募集
渡辺源四郎商店第32回公演『どんとゆけ』『だけど涙が出ちゃう』

観客とは違う立場で、プロの劇団の公演にかかわることができるチャンス!
演劇を見たことのある方も、見たことない方も、演劇をより身近に感じることができ、いろんな人と知り合い、文化・芸術活動への理解が深まります。
ボランティア経験・演劇経験は一切問いません。ぜひ、ご参加お待ちしております!

〇日程
2020年2月
8日(土)11:00~15:00
9日(日)11:00~15:00
*1日でもOK。時間応相談

〇場所
四国学院大学ノトススタジオ

〇内容
*公演当日受付ロビーの準備、受付
*チケットもぎり、客席案内

〇応募条件
高校生
※保護者の承諾が必要です。

〇定員
各日5名(先着順)

〇応募方法
チラシ裏面の「参加申込書にご記入の上、郵送またはFAX(0877‐62‐2324)にて四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)までお送りください。
また、「参加申込所」にある必要事項をメール(sipa@sg-u.ac.jp) で送信していただくことも可能です。件名を「アートボランティア応募」としてください。
お申込みいただいた方には、順次詳細を郵送いたします。

〇応募締切
2020年1月24日(金)

〇待遇
*参加者は、渡辺源四郎商店 香川公演『どんとゆけ』『だけど涙が出ちゃう』を無料にてご覧いただけます。
公演のご予約はこちらから
*保険加入あり(大学負担)

【お申込み・お問い合わせ】
四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)
〒765-8505 香川県善通寺市文京町3‐2‐1
TEL/FAX:0877‐62‐2324(平日10:00~18:00)
E-mail:sipa@sg-u.ac.jp

ノトススタジオHP内募集ページ:
http://www.notos-studio.com/contents/event/event/3998.html
スポンサーサイト



トーク・ディスカッション 『サーカスってなんだ?ヌーヴォー・シルクってなんだ?』 ~サーカスとまちと劇場の怪しい関係?~

2020_1_丸亀サーカス_香川

トーク・ディスカッション
『サーカスってなんだ?ヌーヴォー・シルクってなんだ?』
~サーカスとまちと劇場の怪しい関係?~

日時:
令和2年1月17日(金) 18:30~21:00
*店舗駐車場はご利用になれません。周辺の市営駐車場等(有料)をご利用ください。

場所:
御菓子司 寳月堂 本店2階(丸亀市米屋町16)

定員:
20名程度
*事前申込必要。先着順・申込締切1/15


みなさんが思い浮かべるサーカスってどんなものでしょうか?
ライオンの火の輪くぐり?ゾウさんの曲芸?おにいさんの綱渡り?
確かに確かに!

しかし、フランスのサーカスはもっと素敵でかっこよくて美しい!
アートあり音楽あり、ダンスもあれば演劇もある。
スポーツであり、アートであり、エンターテイメントでもある。
いわば総合芸術とスポーツのハイブリッド、ヌーヴォー・シルク(nouveau cirque)。

この際、新しいサーカスや現代サーカスという日本語ではなく、フランス語である「ヌーヴォー・シルク」という言葉を正確に定着させたいという思いを込め、国内の第一人者である瀬戸内サーカスファクトリーの田中未知子さんをお招きし、サーカスは地域で何ができるのか、地域に何をもたらすのかを国内外(フランス、北海道、香川)の事例をもとに探ってみたいと思います。

そして、サーカスとまちと劇場の怪しいつながりをちょっとだけ覗いてみませんか?

第1部 講演会 18:35~19:35
講師 田中未知子さん(一般社団法人 瀬戸内サーカスファクトリー代表理事)

第2部 活動報告 19:35~19:50
 講師 湯川致光さん(株式会社HYAKUSHO)

第3部 トークディスカッション(参加者とのフリートーク)19:55~21:00
パネラー 田中未知子さん
パネラー 湯川致光さん
モデレーター 村尾剛志(丸亀市文化課)

主催・申込先:
丸亀市文化振興事業協議会(丸亀市役所文化課内)
TEL 0877-24-8822 FAX 0877-24-8863
E-mail bunk-k@city.marugame.lg.jp

Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/2502686356685437/

『演劇を中心としたノトス・ウィンターキャンプ』

2019_12_ノトスキャンプ_香川

『演劇を中心としたノトス・ウィンターキャンプ』

講師:舘そらみ(脚本家・舞台演出家・ガレキの太鼓主宰・青年団演出部)
コーディネーター:西村和宏(演出家・四国学院大学准教授・サラダボール主宰・ノトススタジオ芸術監督)

【日程】
2019年12月25日(水)14:00~12月29日(日)15:00

【会場】
四国学院大学ノトススタジオ

【宿泊施設】
四国学院大学ロゴス館
※宿泊は本学にて手配いたします。

【対象】
全日程参加可能な高校生(学年問わず)

【定員】
先着15名

【費用】
8000円
※参加費のお支払いは、申込受付時にご案内

【申込方法】
チラシ裏面の参加申込用紙に必要事項を記入の上、郵便にて申し込み。
*ノトススタジオ HPよりご参照ください。

◇ノトス・ウィンターキャンプってどんなことするの?
脚本家・舞台演出家の舘そらみ氏をお招きし、コミュニケーションゲームや体を
使って何かを表現したりするワークショップを行います。
また、地元の野菜を使った料理に挑戦したり、本学芸術監督で教員の元イタリアンシェフでもある
西村和宏がパスタの作り方ワークショップを行ったり、料理も上手になって演劇も楽しめる5日間!
5日間のウィンターキャンプを通して、県内外の参加者とコミュニケーションを取りながら、
自分の好きな所を見つけていくのが今回の目的です。

◇舘そらみプロフィール(脚本家・舞台演出家・ガレキの太鼓主宰・青年団演出部)
神奈川県生まれ、トルコ・コスタリカ育ち。慶應義塾大学在学中より演劇活動を始め、2009年に劇団ガレキの太鼓を旗揚げ。
映画「私たちのハァハァ(監督:松居大悟)」はゆうばり国際ファンタスティック映画祭にてゆうばりファンタランド賞を受賞。
ドラマ「コーヒー&バニラ」はTVer1位を達成。全国30校ほどの小中高校で毎年授業を行なっており、サンポートホール高松主催の
中高生対象演劇プログラムでも、講師を3年連続務めている。現在は定住をやめ、移動しながら生活中。

◇西村和宏プロフィール(演出家・四国学院大学准教授・サラダボール主宰・ノトススタジオ芸術監督)
1973年生まれ、兵庫県出身。1999年より川村毅氏が主宰する劇団第三エロチカで俳優として活動。2002年にサラダボールを立ち上げ、以降すべての演出を手掛ける。
2005年より平田オリザ氏が主宰する劇団青年団の演出部に所属。2011年より四国学院大学身体表現と舞台芸術マネジメント・メジャー(演劇コース)にて教鞭を執る。
これを機に活動の拠点を香川県に移し、地域での演劇教育や創作活動を行っている。

◇講師 舘そらみさんよりコメント
この5日間、あなたに「誰かに合わせろ」なんてことは決して言いません。「これが正しい」なんてことも決して言いません。
「正しいこと」なんかより、「あなたの良いところ」の方がずっと大切です。
そうです、この5日間で、あなたの良いところを一緒に見つけていきます。
今より生きるのが楽しくなって、今の自分が好きになって、来年を迎えられると思います。
難しいことは何もしません。年齢も経験も関係ありません。演劇をうまくなりたい方も、人と何か作りたい方とも、楽しいことをやりたい方も、全員大歓迎。
一緒にステキな5日間を過ごしませんか。

【お問い合わせ】
四国学院大学 入試課
TEL:0877-62-3964(平日9:00~17:00)
FAX:0877ー63-5353
MAIL:info@sg-u.ac.jp

ノトススタジオ HP企画ページ:
http://www.notos-studio.com/contents/event/event/3960.html

高松ワークショップLab. 音楽とダンスのワークショップ 『リズムに乗ろう!』

2019_11_高松ワークショップLAB_香川

高松ワークショップLab.presents
高松市瓦町アートステーション自主事業
音楽とダンスのワークショップ
『リズムに乗ろう!』

【日程】
2019年11月23日(土)16:30 ~18:30

【会場】
瓦町フラッグ8 階多目的スタジオ
香川県高松市常磐町1丁目3−1

【参加料】無料
【定員】15 名
【対象者】老若男女、どなたでも。経験は問わず。(未経験者歓迎)  
【持ち物】動ける服装、水分、タオル、楽器(希望する方のみ)

◎申し込み・問い合わせ
電話かE メールにて高松市文化芸術振興課へ
[申込〆切 11月22日(金)]
TEL 087-839-2636( 受付:平日8:30~17:15) 
E メール bunka@city.takamatsu.lg.jp


乗ってる、ってどういう状態?
どうすれば乗れる?
うまく乗れたら演奏やダンスが変わる?

沢山の著名アーティストとも演奏を行ってきたプロの演奏家が、ダンサーと共に、
ポピュラー音楽やダンスの基本であるアフリカ大陸発祥のリズム文化にある
独特の「乗り」についてレクチャーします。生音を感じ、リズムとカラダで遊びましょう!


音楽:大村太一郎  
  東京ビジュアルアーツ専門学校ミュージシャン学科を首席で卒業。東京でプロ演奏家として、ライブハウスでの
演奏や、全国各地のコンサートホールでのライブツアーに参加。レコーディングやCD 制作などのスタジオワークで
も活動。演奏以外では、専門学校の講師として学生の指導にあたったり、地域のこどもを対象とした音楽ワークショッ
プの開催に協力するなど、教育指導においても経験を積んでいる。現在は高知県梼原町へ移住。2018 年オープンした
隈研吾氏設計の雲の上の図書館では、音楽ライブやワークショップなど、イベント企画を担当している。
NPO 法人四万川龍神の里代表。

ダンス:三木優希
 野外演劇を始め、現代サーカスの実験劇場、劇団への振付、音楽LIVE パフォーマンスなどジャンルを超えて幅広く関わ
る。現在は高松- 京都の中距離ダンスユニットEclogion として、重要文化財の米蔵にて作品を発表したり、生演奏での舞
台やパフォーマンスなどを企画演出している。美術家達の身体を作品として提示したり、舞台作品を絵本にしたりと、ア
イデアのある作品作りを目指している。ダンサーとしては星屑ロケッターズにて各地の公演に参加。2015 年からは芸術士
® として活動中。ブレインキッズ体操教室は企業とのプログラム開発で、振付やインストラクターを行っている。


高松ワークショップLab. とは 
アートステーションを拠点に、地域におけるアートを軸とした
ワークショッププログラムの開発、実践、人材育成を目指し2017 年3 月より発足。
演劇、美術、ダンスなど様々なメンバーが活動している。


Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/418432628855056/

高松ワークショップLab. Facebook:
https://www.facebook.com/takamatsulabo/

高松ワークショップLab.「触感でほぐすあたまとからだワークショップ」

2019_10_高松ワークショップLab_香川

高松ワークショップLab.presents
「触感でほぐすあたまとからだワークショップ」

【日時】
2019年10月21日(月)午後6時30分~8時

【会場】
市民交流プラザ IKODE瓦町(瓦町FLAG8F)
アートステーション 多目的スタジオ
(香川県高松市常磐町1丁目3−1)

【料金】
無料

【募集期間】
2019年10月18日(金)まで ※15名程度になり次第終了。先着順です。

【申込先】
電話またはメールにて高松市文化芸術振興課までお申し込みください。
Tel.087-839-2636(受付時間:平日8:30〜17:15)
 Eメールbunka@city.takamatsu.lg.jp

【対象】
高校生以上

【募集人数】
15名程度※先着順

仕事や勉強、家事や育児などで毎日を過ごしていると、自分のカラダを大切にすることを忘れがちになります。そこで五感のうちで最も根源的だと言われる「触覚」に注目してカラダをほぐしてみようと思います。例えば、触感を「ふわふわ」「さらさら」などの言葉(オノマトペ)に変換してみたり、身体を動かしたりします。あまり動く機会のない方も、裸足で歩いたり床をゴロゴロしたりできたら大丈夫です。お気軽に参加ください。

【ファシリテーター】
桐子 カヲル (コキカル主宰/舞台作家・俳優)
大阪で俳優として活動後、2009年にコキカルを立ち上げる。身体と音楽の表現を活かした作品が特徴。その他音楽家や画家と一緒に県内外問わずライブを行ったり、図書館等で親子向け絵本リーディング音楽会なども行っている。2017芸術士®/大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラム15期修了/香川県出身・在住

高松ワークショップLab.とは
瓦町FLAG 8F アートステーションを拠点に、地域におけるアートを軸としたワークショッププログラムの開発、実践、人材育成を目指し、2017年3月に発足。現在は演劇、ダンス、美術など、さまざまなジャンルのメンバーが活動している。

高松ワークショップLab.Facebok:
https://www.facebook.com/takamatsulabo/

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR