FC2ブログ

障害者の文化芸術創造拠点形成プロジェクト DANCE DRAMA「Breakthrough Journey」高知ワークショップ・オーディション参加者募集!

2020_8_Breakthrough Journey_オーディション_高知

障害者の文化芸術創造拠点形成プロジェクト
DANCE DRAMA「Breakthrough Journey」
高知ワークショップ・オーディション参加者募集!

■開催日時
2020年 8月 22日 (土) 13:00 〜 15:00

■主催
文化庁/独立行政法人日本芸術文化振興会
連携:厚生労働省/大阪府
実施主体:国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)
協力:藁工ミュージアム/DANCE CREAM

■会場
高知市文化プラザかるぽーと 小ホール
(〒781-9529高知県高知市九反田2-1)

■応募締切:
2020年8月10日(月・祝)【必着】


すべての人にプロの舞台に立つチャンスを

日本の自然や伝統文化をベースにしたDANCE DRAMA「Breakthrough Journey(ブレイクスルー ジャーニー)」は、日本、アジアで活躍するプロのダンサーと障害の有無を問わない、オーディションで選ばれたダンサーたちによるダンス作品です。脚本・演出・振付は、ストリートダンスとコンテンポラリーダンスを融合させた独自のダンススタイルで独創性に富んだ作品を生み出し続けるダンスカンパニーDAZZLEが担当。オーディションを兼ねたワークショップを日本とアジアで開催します。障害の有無や国籍、年齢、性別などは不問。プロ・アマを問わず、これまでの常識を打ち破る「Breakthrough(画期的な)」作品に挑戦するダンサーを募集します!


〇講師:DAZZLE(ダズル)
http://www.big-i.jp/cmsdesigner/data/upload/image/DAZZLE.jpg
1996年結成。「すべてのカテゴリーに属し、属さない曖昧な眩さ」をスローガンに掲げ、独創性に富んだ作品を生み出し続けるダンスカンパニー。
ストリートダンスとコンテンポラリーダンスを融合させた独自のダンススタイルで、代表作「花ト囮」は海外の演劇祭含め国内外で受賞多数。
海外ではルーマニア・シビウ国際演劇祭(2011)やイラン・ファジル国際映画祭(2012・2016)に招聘された他、カザフスタン・アスタナ国際博覧会(2017)や、シンガポールにて開催された日本財団・ユネスコ主催「TRUE COLOURSアジア太平洋障害者芸術祭」に参加し、オーディションで選ばれた障害のあるダンサーと一緒に一つの作品を作り上げオープニングアクトを務める。
日本国内ではイマーシブシアターの新作を次々と手がけ、牽引する存在。2017年イマーシブシアター「Touch the Dark」、2018年DAZZLEプロデュース・出演の東京ワンピースタワー×イマーシブシアター「時の箱が開くとき」、そして2019年8月に地上5階、地下1階のフロアを使った新作イマーシブシアター「SHELTER」を上演するなど次々と新感覚のイマーシブ作品を生み出している。


〇高知拠点の紹介
藁工ミュージアム/DANCE CREAM(ダンスクリーム)
「藁工ミュージアム」は、誰もが多様なものとつながり多様なものの存在を楽しめる、創造的かつフラットな場を目指し活動する美術館。高知では、真摯に身体に向かい合う「ダンスクリーム」の小倉卓浩氏を拠点講師に迎え、作品づくりに取り組む。

<高知拠点講師>
小倉 卓浩(ダンスクリーム主宰)
26歳よりTorontoにてJAZZダンスを始める。 Stelio Calagias, Denise Killonに師事。 東出融氏より、身体と動き、感情他、様々なものとの関わりを学ぶ。現在、高知のダンススタジオ「ダンスクリーム」主宰、 関東のよさこいチーム「AZUKI」にて活動中。


〇募集内容
参加定員:20名
 ※応募多数の場合は書類選考
参 加 料:無料
参加対象:障害の有無や国籍、年齢、性別を問わずダンスに自信のある方

参加条件:
○介助(介護)が必要な場合は、介助(介護)者の同伴がご自身で手配可能なこと
○未成年の場合は、保護者の同意が得られること
○マネージメント事務所等に所属されている方は所属先の許諾を得ること
○本プロジェクトの広報紙やホームページ、SNS、動画配信などに写真・映像などの使用を了承をしていただけること
○各地域別の稽古・メインキャスト稽古・リハーサル・本番に参加できること
 ※各地域別稽古の日時・場所、出演条件の詳細については、出演決定後にお知らせします
○応募・オーディションの参加にかかる費用は自己負担
○出演決定後、メインキャスト稽古・リハーサル・本番にかかる交通費、宿泊費を支給


〇スケジュール(予定)
<2020年>
7月 - 8月 ワークショップ・オーディション
      青森・東京・大阪・高知・島根・沖縄
      台湾・香港・マレーシア・シンガポール
9月    出演者順次発表
10 - 12月 各地域稽古
12月19日 - 23日 メインキャスト稽古

<2021年>
1月24日 - 29日 リハーサル
1月30日、31日 公演本番
         DANCE DRAMA「Breakthrough Journey」
         @国際障害者交流センター(ビッグ・アイ) 多目的ホール(大阪府 堺市)

※リハーサルは、国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)で実施します
※スケジュールの日程は、変更する場合があります


〇申込方法
○下記の応募フォーム、または応募用紙に必要事項をご記入の上、郵送、FAX、Eメール、
 いずれかの方法にてお申込みください
〇郵送の場合は、黒のボールペンでご記入をお願いします
○Eメールの場合は、件名に「高知オーディション申込」と記載してください
○参加の詳細については、応募締切後に郵送にて通知します
※落選者には通知はいたしませんのでご了承ください

応募締切:2020年8月10日(月・祝)【必着】
参加通知:8月13日頃

〇応募フォーム
下記URLより、お申込みください。
forms.gle/FnQgeNYyUNiFPMHg8

■申込・お問合せ先
国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)「高知オーディション」係
〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-8-1
TEL 072-290-0962 FAX 072-290-0972
e-mail dancedrama@big-i.jp
※電話でのお問合せは、土・日・祝を除く午前10時~午後5時とさせていただきます

Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/2761119387457007/

国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)HP内募集ページ:
http://www.big-i.jp/contents/art/detail.php?eid=00835&EventCalender=2
スポンサーサイト



劇団シアターホリック劇団員募集

劇団シアターホリックは新たな劇団員を募集します。

シアホリで一緒にお芝居を作りませんか?

■募集内容
高知市を本拠地に活動する劇団シアターホリックに
スタッフとして関わってくれる劇団員を募集します。

制作業務……広告宣伝、稽古場手配、予算管理など
技術関係……音響操作、美術のアイデア出しと製作、メイク、衣装、演出助手など

ご応募いただいた方の経験や、シアホリでやってみたいことを伺いながら、担当していただくお仕事の内容を決めましょう。

■応募資格
高知市内での稽古へ定期的に通うことができる方(スケジュールの詳細については相談可能)。
もしくはインターネットなどで劇団の業務に携われる方。

音楽、映画、文学など、演劇に限らず芸術に興味を持っていて、作り手に回ってみたいという意欲のある方。まだ何もやっていなくても全然OKです。

演劇経験は不問です。全くの初心者大歓迎。

■日程
ご応募いただいた方と面談を行い、2020年3月頃からスタートする次回公演の稽古に参加していただきます。この公演は6月上演予定で計画しています。

*下記募集ページに応募フォーム有

劇団シアターホリックHP 団員募集ページ:
https://www.theaterholic.com/info/recruit2019/

いろいろいろを楽しむ演劇プロジェクト2020 祝祭 音楽劇『小さな星の王子様』 お芝居の出演者募集中

2020_2_TACOGURA_出演者募集_高知

いろいろいろを楽しむ演劇プロジェクト2020
祝祭 音楽劇『小さな星の王子様』
お芝居の出演者募集中

サン=テグジュペリ原作「星の王子様」を基にしたお芝居に出てみませんか?

公募締切2020/2/2(日)

「星の王子様」は、主人公が様々な出会いを通じて大切なものとはなにかを感じながら成長していくお話です。
その話を基に、出演者などにあわせて脚色した新しいお芝居をつくります。
どなたでも大歓迎!障害のある方をはじめとする様々な個性を持つ方々と一緒に作品を上演できればと思っています。
お芝居なんてやったことないけれど出てみたい・・・その気持ちがあれば十分です。
出演者の募集にあわせ、この活動の支援をしてくださるサポーターの方も募集します。
ご興味を持たれた方は、ぜひご連絡ください。お待ちしています。

主催:藁工ミュージアム/シアターTACOGURA・NPO蛸蔵
助成:公益財団法人高知市まちづくりファンド[高知県障害者文化芸術活動支援事業]

シアターTACOGURA HP:
https://theater-tacogura.wixsite.com/kochi

シアターTACOGURA Facebook:
https://www.facebook.com/theatertacogura/

シアターTACOGURA Twitter:
https://twitter.com/theater_taco

アーティストレジデンス in須崎 演劇公演 エピソード募集

アーティストレジデンス in須崎 演劇公演 エピソード募集

現代地方譚7 アーティスト イン レジデンス須崎、本年の演劇部門は、南河内万歳一座の内藤裕敬さんによる戯曲の書き下ろしを行います。

本年8月からの内藤さんのリサーチに加え、須崎に暮らす方、過去に須崎に暮らしていた方のエピソードを募集します。

いただいたエピソードは戯曲執筆の参考とさせてもらうほか、一部のエピソードは戯曲に使用させていただく場合があります。
内容不問、あなたの個人史のエピソードをぜひお寄せください。

※応募締め切り
2019/12/20(金)必着

ヨシダワークス HPより申し込みください。

ヨシダワークスHP内企画ページ:
http://yoshida-works.undo.jp/?p=1549&fbclid=IwAR2MOvii423GHsFdLH5ykZ7iAkKeJfh_uSGMD1fFdKzbeMz9jpBsf3DLa7g

現代地方譚 アーティスト イン レジデンス須崎Facebook:
https://www.facebook.com/airsusaki/

南河内万歳一座HP:
http://banzai-ichiza.com

Washi+Performing Arts? 未来Project 番外編 『わ(た)​しの成長日記』 参加者募集

2020_1_Washi未来_募集_高知

Washi+Performing Arts? 未来Project 番外編
『わ(た)​しの成長日記』
参加者募集・公演情報

東京・高知で活躍するダンサー、俳優と一緒に、和紙を使った舞台に挑戦しよう!
舞台初体験でも大丈夫。沢山のご応募お待ちしています!
今回は、毎年夏に行なっている企画の番外編です。
発表会は、全国児童・青少年演劇協議会(全児演)の総会にて、 地域のモデルケースとして上演いたします。
地域の方のみならず、全国の児童演劇に携わる方々が鑑賞予定です。

【参加アーティスト】
石山優太・浜田あゆみ​


【公演情報】
2020年1月25日(土) 14:00~  吾北中央公民館
吾北中央公民館(いのICより車で約50分、追手前高校吾北分校そば)
駐車場有
*予約・連絡先はWashi+ HP内記事参照ください。

【募集情報】
■稽古日時
2020年
1月19日(日)10時〜16時
1月20日(月)17時〜19時半
1月21日(火)17時〜19時半
(22日やすみ)
1月23日(木)17時〜19時半
1月24日(金)17時〜19時半

■応募資格・対象
小学生・稽古と本番全日程参加可能な方に限ります

■募集人数
10名程度

■参加費
1000円

■場所
稽古場:伊野公民館(いの町3597)
本番会場:吾北中央公民館(いの町上八川甲3015)

■応募締め切り
2019年12月20日 

メールまたはメッセージにてご応募ください
申込方法・・・
1、氏名(ふりがな) 2、郵便番号・住所 3、電話番号 4、メールアドレス、
5、性別 6、学校名・学年 7、生年月日 8、ひとこと
を記入してください。

*連絡先はWashi+ HP内記事参照ください。


【参加アーティスト プロフィール】
■石山 優太(いしやま ゆうた) ダンサー
しおめも主催 茨城県出身、筑波大学体育専門学群卒業。 身体表現の自由さ、開放感に魅力を感じ、表現の活動を始める。 これまでに、様々なダンス作品、パフォーマンス、芝居に出演し、現在は、 未國ミュージカル学校巡業作品『いのちてんでんこ』にて主演を務めている。 また、振付家、ワークショップデザイナーとしても活躍しながら、自らでも 『しおめも』というパフォーマンスユニットを主宰。その活動は舞台作品に とどまらず、三陸国際芸術祭や仙台を中心に開催されているダンス幼稚園に 参加するなど、勢力的に活動中。 Washi+Performing Arts? Projectへは2015年より3度目の参加。

■浜田あゆみ(はまだ あゆみ) Washi+ 代表・役者
高知出身。土佐和紙を製造する家に生まれる。
2003年、現在のふたりっこプロデュースの前身である「劇団ふたりっこ」を、高校生の時、友人の岡村美里旗揚げ。カナダのUniversity of Victoria 芸術学部卒業。卒業後、東京で役者として活動。2014年高知へUターンし、和紙業界の衰退を目の当たりにし、実家の工場を手伝いながら、舞台芸術を通して和紙を伝える活動を始める。​
これまで役者として、トリスタン・シャープス(Dreamthinkspeak/イギリス)、ダリオ・モレッティ(Teatro all'improvviso/イタリア)、ヴィルバ・タロネン(フィンランド)、ダビッド・ダンゾン(CORPUS/カナダ)、ペーパームーンパペットシアター(インドネシア)、瀬川昌治、大堀光威、田丸一宏などの作品に参加している。Washi+Performing Arts?未来Project代表でもある。

制作 Washi+
共催 土佐和紙未来プロジェクト実行委員会
​主催 全国児童・青年演劇協議会 四国支部
後援 いの町教育委員会

Washi+ HP内企画ページ:
https://washiplus.wixsite.com/home/project2019-1

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR