FC2ブログ

沖縄伝統芸能「組踊」ワークショップin高知県立県民文化ホール

2019_1_沖縄伝統芸能「組踊」ワークショップ_高知

沖縄伝統芸能「組踊」ワークショップin高知県立県民文化ホール

日時:
2019/1/22(火)16:30-18:30
(16:00開場・受付開始)

開催場所:
高知県立県民文化ホール事務棟3階・第5多目的室
(高知県高知市本町4丁目3ー30)

参加費:
無料

定員:
30人(先着順)

申し込み期限
2019/1/17(木)23時59分まで


ユネスコ無形文化遺産に登録、国の重要無形文化財にも指定されている
琉球伝統芸能「組踊(くみおどり)」
歌舞伎や能と並んで、日本を代表する伝統芸能の一つです。


この組踊をより多くの方に知ってもらうため、どなたでも気軽にご参加いただける体験型ワークショップを開催いたします。
平成27年から各地で実施している本ワークショップ、今回も組踊舞台で活躍する若手の演者を初めとしたメンバーで、皆様に組踊の見どころ・聞きどころを含め解説しその魅力を知っていただきます。
また映像を使った解説や所作の披露、簡単な体験ワークショップなども実施いたします。


沖縄県外はもとより、沖縄県内でもなかなかできない貴重な体験です。
伝統芸能や琉球文化、舞踊等にご興味のある方に限らず、どなたでもお気軽にご参加ください。


<組踊とは?>
約300年前、当時沖縄は琉球王国という独立した国家でした。
その当時、中国からやって来る冊封使(国王の使者)をもてなすために設置した
「踊奉行」の職にあった玉城朝薫(たまぐすくちょうくん)が考案し絶賛され、
戦争など幾多の困難を乗り越え、永く受けつがれてきました。
その基本は、台詞(唱え)、音楽、踊り(所作)によって構成される演劇です。


<講師>※都合により変更となる場合がございます
案内役/嘉数 道彦(かかず みちひこ)
国立劇場おきなわ芸術監督兼企画制作課長、宮城流能里乃会師範
初代宮城能造・宮城能里に師事
最高賞・沖縄タイムス芸術選賞奨励賞受賞
松尾芸能賞新人賞受賞

地謡/仲村逸夫(なかむら いつお)
琉球古典音楽野村流保存会師範
比嘉康春に師事
沖縄タイムス芸術選賞奨励賞受賞
国立劇場おきなわ組踊研修修了生(第1期生)

立方/講師未定
現在調整中のため、確定次第ご案内をさせていただきます。

<スケジュール>
16:00 開場・受付開始
16:30~18:30 ワークショップ(組踊の解説・所作体験・映像鑑賞など)
※多目的室を利用した体験型ワークショップとなります。 実際の組踊の上演はございませんので予めご了承ください。

<参加費>
無料
※ただし、定員に達し次第受付を終了いたします。画面で受付中の場合でも電話受付で定員に達し次第、受付を終了させていただきますのでご了承ください。

<ご用意いただくもの>
所作体験などがありますので、動きやすい服装で参加ください。靴を脱いでの体験などがありますので、靴下をはいてご参加ください。

<参加条件>
今後の組踊の普及やプロモーション、及び実施内容の記録のため、記録撮影とアンケート(A4用紙1枚)を当日お願いしております。
ご参加者の皆様のご協力をお願いいたします。


<主催>
公益財団法人国立劇場おきなわ運営財団、高知県立県民文化ホール、高知新聞社

<協力>
公益財団法人高知県文化財団

イベントHP:
https://kokucheese.com/event/index/548074/
スポンサーサイト

現代地方譚6 演劇公演『須崎のまちの物語Ⅱ』

2019_2_須崎_高知A
2019_2_須崎_高知B

アーティスト イン レジデンス須崎
現代地方譚6 演劇公演
『須崎のまちの物語Ⅱ』

[日時]
2019年2月2日(土) 13:30開場14:00開演
2019年2月3日(日) 13:30開場14:00開演

[会場]
須崎市立市民文化会館大ホール(舞台上舞台)

[料金]
全席自由 前売り1,000円 当日1,500円

[前売り券販売所]
須崎市立市民文化会館 0889-43-2911
すさきまちかどギャラリー 050-8803-8668


市史には残らない、暮らしの記憶とまちの記憶

須崎に暮らす人々の半生を高知の劇作家3名が取材し、そこから着想したオリジナルの台本を制作。
できあがった台本を、公募により集まった参加者とともに、リーディング作品として上演します。
戦争のこと、まちが賑わっていた頃、まちを出ていった人や残った人、とても私的なエピソード…。
さまざまな年代や切り口で浮かび上がる「須崎」をお楽しみください。

出演
池田祐仁、井上華純、梅下里穂、大崎礼梨胡、岡林みよん、小松美保、坂埜玲奈、柴 千優 竹内ひかり、竹崎明日歩、中平 花、中平妃奈乃、野村春菜、藤井虎太朗、松岡 陽、吉岡裕太 他

監修
内藤裕敬(南河内万歳一座)

総合演出
領木隆行(TRY-ANGLE)

作・演出
サカシタナヲミ(シアターTACOGURA)
谷相裕一(TRY-ANGLE)
西本一弥(演劇unitユニット・バス/劇団シャカ力)

プロデュース
吉田剛治


[主催]
すさき芸術のまちづくり実行委員会
須崎市立市民文化会館

[お問い合わせ]
すさきまちかどギャラリー 050-8803-8668

ヨシダワークスHP公演ページ:
http://yoshida-works.undo.jp/?p=1098

Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/1942356785859773/

現代地方譚 アーティスト イン レジデンス須崎Facebook
https://www.facebook.com/airsusaki/

劇団衛星『珠光の庵 ~真の巻~』高知公演

2019_1_劇団衛星_高知

劇団衛星
『珠光の庵 ~真の巻~』高知公演

日時:
2019/1/27(日)11:00/15:00
※受付開始は30分前からとなります。
※開演10分前から「待合」より会場内へご案内します。なるべくそれまでに受付をお済ませください。

会場:
神力山 要法寺
780-8013高知市筆山町8-5
https://temple.nichiren.or.jp/6091001-yohoji/access/

料金:
2,500円(お抹茶・お菓子つき)
各回25席限定。未就学児童のご入場はお断りしています。


京都発!お茶会演劇

■珠光の庵とは
演劇と茶道を融合させた「お茶会演劇」。『珠光の庵』は、京都を拠点に活動を続ける 『劇団衛星』 が贈る、一風変わった演劇公演です。侘茶の創出者 「村田珠光」の物語とお抹茶・お菓子でおもてなしいたします。

■あらすじ
 奈良に生まれた 村田珠光 は、十一歳で称名寺の法林院に入り出家した。若くして茶を好み、当時流行していた闘茶にふけり寺役も怠ったため、追放。放浪ののち、大徳寺の 一休宗純 のもとに身を寄せる。珠光は華やかな闘茶の世界に身を置きながら、しかし常に満たされぬものを感じていた。一休のトンチと寺を訪れた将軍の存在、まぶたの君である小夜の言葉をキッカケに、茶禅一味の境地に至り、侘び茶を完成。わが国の茶祖と称されるに至る。


出演:岡嶋秀昭 ファックジャパン 紙本明子 黒木陽子 蓮行
   田中沙穂 大石達起(IN SITU)
   
作・演出:蓮行
茶道監修:十菱元宏
舞台監督:渡川知彦
制作・水屋:植村純子 渡邊 B 智也
制作協力:シアター・デザイン・カンパニー
宣伝美術:植田屋

主催:劇団衛星
協力:茶道裏千家家元千宗室
   NPO法人フリンジシアタープロジェクト
   株式会社リコモーション
   公益財団法人高知県文化財団
協賛:丸久小山園 香老舗松榮堂 株式会社ニッセン 老松 松浦善徳商店


●ご予約・お問合せ:
 劇団衛星
 電話 075-353-1660
 Mail eisei@eisei.info
 …メールでのご予約は、件名「高知公演チケット予約」として、来場希望日時・お名前・人数・ご連絡先(電話、メール)をお送りください。(折り返し確認のご連絡をいたします。)


公演『珠光の庵』HP:
http://www.jukou.info/index.html

劇団衛星HP:
http://www.eisei.info

『高知県立美術館 能楽堂にて 池川神楽を舞う』

2019_1_池川神楽_高知

『高知県立美術館 能楽堂にて 池川神楽を舞う』

日時:
2019年1月3日(木)
開場11:30/開演12:00/終演15:30(予定)
※出入り自由

会場:
高知県立美術館 能楽堂
(高知市高須353-2)

入場無料

出演・協力:
池川神楽保存会

池川神楽は、高知県仁淀川町池川土居地区の池川神社を中心とし、
各氏神神社の祭礼神事芸能として奉納されています。
手に物を持ち、面を着け、神話を題材に能を組み合わせた”採物(とりもの)神楽”です。
能楽堂を舞台に神楽を舞う貴重な機会を是非お見逃しなく!

主催:お問い合わせ:
高知県立美術館 088-866-8000

高知県立美術館HP内公演ページ:
https://moak.jp/news/2018/11/001595.html

『Verbatim Theatre(ドキュメンタリー演劇)Workshop』

2018_12_ドキュメンタリー演劇WS_高知

演劇ワークショップ 参加者募集
『Verbatim Theatre(ドキュメンタリー演劇)Workshop』

■日時
2018年12月9日(日) 13:00~16:00

■場所
高知県立美術館ホール
(高知県高知市高須353-2)

■料金
1,000円

■対象
18歳以上(演劇経験不問)

■定員
15名
*定員になり次第、締め切りいたします。

■申し込み締め切り
2018年12月6日(木)


シンガポール在住の戯曲家・演出家チョン・ツェシエン氏によるワークショップを開催します。
ワークショップでは、参加者が持ち寄った新聞や日記などを元にして日常の断片を演劇化します。
コミュニケーションスキルをアップしたい方・ストーリーテリングに興味がある方など、お気軽にご参加ください!


■講師プロフィール
チョン・ツェシエン CHONG Tze Chien
シンガポール在住の戯曲家・演出家・人形劇団「The Finger Players」主宰
2006年 ナショナル・アーツ・カウンシル「ヤングアーティスト」受賞
代表作に「Between the Devil and the Deep Blue Sea」、「The Book of Living and Dying」など。日本でも、APAF国際共同クリエーション公演『うえる』や、シンガポール国際演劇フェスティバルにて三島由紀夫の『綾の鼓』をテーマにした作品の上演など、シンガポール国内外で精力的に活動している。


■その他
●服装:動きやすい服(スカート不可)

●持ち物
・興味のある事柄や事件、イベントなどの掲載されている新聞記事、雑誌や日記など(実際の出来事であること)
・携帯、またはパソコン(ネット環境のあるもの)

■主催
四国学院大学

■共催
高知県立美術館

■制作
四国学院大学アートマネジメント公開講座2018 受講生
SIPA

■助成
平成30年度大学における文化芸術推進事業


【お申し込み方法】
下記項目を記載の上、四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)までメールにてお申し込みください。
E-mail:sipa@sg-u.ac.jp
<件名>ワークショップ参加希望
<内容>①ご氏名 ②フリガナ ③電話番号(携帯) ④志望動機
*申し込み締め切り:2018年12月6日(木)

【お問い合わせ先】
四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)
TEL/FAX:0877-62-2324(平日10:00~18:00)
E-mail:sipa@sg-u.ac.jp

ノトススタジオHP内ワークショップページ:
http://www.notos-studio.com/contents/event/event/3493.html

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

TweetsWind

検索フォーム

QRコード

QR