FC2ブログ

ベビー・ピーの旅芝居 2019『ラプラタ川』松山公演

2019_9_ベビーピー_四国

ベビー・ピーの旅芝居 2019
『ラプラタ川』松山公演

そのカメラで、よかったら私たちのこと、眼差してくれないかな?
Quiero comprobar la última 'mirada' de Ken.

日時:
2019/9/18(水)19:00〜
*受付開始・開場は開演の30分前。
*雨天決行です。

会場:
城山公園管理広場 松山市民会館西側
(愛媛県松山市堀之内5)
*P無し
*会場には特設テント劇場が出現します。

チケット料金:
一般前売2500円/一般当日3000円
大学生前売1800円/大学生当日2300円
中高生前売1500円/中高生当日2000円
小学生前売500円/小学生当日1000円
小学生未満 無料

チケット取り扱い
ベビー・ピー劇団窓口
Mail laplatagawa2019@gmail.com
Tel 090-2896-5429(柳原)


あらすじ

20世紀初頭、ブラジルに移住した日本人たちがいる。
港で奴隷商人に騙され息子を攫われた母親は子を追って内陸へ向かうが
川のほとりで彼女が目にした光景は……

移住者たちが、季節の巡りも植物も風景も違う中で謡い伝える、土地の記憶の物語。
人々が描いた幻想たちが今、海を越えて夢から呼び起こされる。


ごあいさつ

遠くにいきたいという気持ちが私のなかには常にあって、それがなぜなのか、いつからなのかは、よくわからない。けれど、最初に、それを、自覚的にひろげてくれたのは、映画だったように思う。千葉の我孫子で育った私は、中学生のとき、友だちと、はじめて柏を越えて、ぴあを片手に有楽町の映画館に行った。それはマスではないメディアがあることを最初におしえてくれた時間だったようにも思う。大都市の片隅に存在した、小さなメディア(映画/館)によって、私は、世界の広がりと深さを知った。

遠くにつれていってくれる、マスではないメディアのちから。きっとこのあたりのところに絡まって、存立している。我々の、テントも、芝居も、人形も、旅も、この物語も。

夏から秋にかけての宵に、あなたの近くの街に、ベビー・ピーのテント芝居が、参ります。
どうです、遠くへいってみませんか。

根本コースケ


【作・演出】根本コースケ

【出演】松田早穂、柳原良平、紙本明子(劇団衛星/ユニット美人)、小林欣也、ほん多未佳(和風レトロ)、根本コースケ

【美術】渡辺泰子 
【造形】吉村聡浩 
【衣装/仮面】松田早穂 
【小道具】鐡羅佑(劇的集団忘却曲線/nosB/トイネスト・パーク)
【音響/システム設計】三橋琢 
【照明】真田貴吉 
【舞台監督】平林肇 
【舞台監督補佐】小西啓介
【演出助手】森脇康貴(安住の地) 
【スペイン語監修】佐々木祐
【山ぐるみ/イラスト】山さきあさ彦 
【広報物作成】秋本真生(劇的集団忘却曲線/nosB) 
【撮影】松山隆行 
【制作】岩木すず(トイネスト・パーク)、徳山まり奈、首藤慎二、ベビー・ピー
【宣伝美術】生方友理恵 
【web】門脇俊輔

京都芸術センター制作支援事業 / 協力:芸術準備室ハイセン

【Special Thanks】
チエミニ、えちぜん鉄道、福井県演劇連盟、劇団ドラゴンファミリー、くらしの一座、勝山市青少年室、上田進一(舞台写真家)、野外人形劇団のらぼう、marsmoo、平井紫乃、ブックスはせがわ、たびのそら屋、restaurant uoni、道東管隊、熊﨑崇朗(演劇集団タカクト)、ポケット企画、かわはらまみ、仲野圭亮(劇団words of hearts)、ナガムツ、ヤシマミホ、ワタナベヨヲコ、武田賢介、喫茶こん、大西邑子、河野数子、劇団エゴイスト、福士正一、青森演劇鑑賞協会、空間シアター アクセプ、へも、西和恵(和風レトロ)、伊藤文恵、岩村空太郎、永田和也、小見純一、坂川善樹、武藤大祐、cafe&guesthouse 灯り屋、首藤夕香、鳴海琢元、石川卓磨、6.5/w、ものがたり文化の会ねもとパーティ、柏BAR619、いのちの洗濯劇場、平埜香里、外山恒一、我々団、陣内幸史郎、長沢暁、長沢哲、山崎加代子、ながさき雪の浦手造りハム、すみれ舎、平岡京子(劇団鳴かず飛ばず)、舩倉弘恵、Corner pocket、なかひらじゅんこ、じんぜんじゅカフェ、もりたうつわ製作所、楽市楽座、T.C.散歩人、泰山咲美、utaco drip、劇的集団忘却曲線、nosB、トイネスト・パーク、ぬるり組合、マタヒバチ、劇団どくんご
(順不同・敬称略)

お問い合わせ:
t.c.sanpobito.2015@gmail.com(秦)

ベビー・ピーの旅芝居 2019『ラプラタ川』特設サイト:
http://laplatagawa.donburako.com

ベビー・ピーHP:
https://baby-pee.jimdo.com
スポンサーサイト

人形劇団どんぐり『うさぎとかめ』『うわばみ』

2019_8_人形劇団どんぐり_愛媛

人形劇団どんぐり
『うさぎとかめ』『うわばみ』

日時:
2019/8/25(日)
①開場10:00/開演10:30/終演11:30
②開場12:30/開演13:00/終演14:00

会場:
愛媛県県民文化会館 別館 第11会議室

入場料(自由席):
大人(大学生以上)1500円
中高生1000円
小学生以下 無料

ローソンチケット (PC・モバイル) Lコード: 61342
https://l-tike.com

電話受付→郵送 TEL 089-927-4777

今、人形劇がおもしろい。

2019年度公益財団法人愛媛県文化振興財団 芸術文化事業
主催:公益財団法人愛媛県文化振興財団
後援:愛媛県・愛媛県教育委員会・愛媛県文化協会
協力:愛媛人形劇人協会

お問い合わせ:
愛媛県県民文化会館指定管理者
公益財団法人愛媛県文化振興財団
総務事業部 TEL 089-927-4777

愛媛県文化振興財団HP:
http://www.ecf.or.jp

劇団こじか座 決定版『十一ぴきのネコ』

2019_8_こじか座_愛媛A
2019_8_こじか座_愛媛B

劇団こじか座 140回ボランティア公演
決定版『十一ぴきのネコ』

音楽劇
井上ひさし 作
來島 明美 演出

日時:
2019/8/31(土)18:00〜
*開場は30分前

会場:
松山市総合福祉センター大会議室
(松山市若草町8-2)
伊予鉄 古町駅 徒歩約10分・松山若草合同庁舎 近く
駐車場には限りがありますので、公共交通機関をご利用ください

入場無料


劇団こじか座が今年お送りするのは、音楽劇「十一ぴきのネコ」。
創立62周年、中四国で最も歴史のある劇団として、力いっぱい演じます。


いつもハラペコの、みっともない、情けない、野良猫たち。
そんな野良猫たちの生活を一変させたのは、
木枯らしとともにやってきた、素性のしれない1匹のネコ。

友情を育みながら、幸せ探して大冒険。彼らの目指すその先には・・・。

この劇のために作った、こじか座オリジナルソング9曲を含む、
計21曲を歌いあげながらの、音楽劇「十一ぴきのネコ」。

井上ひさし戯曲、独特の世界を、ご堪能ください。


後援:松山市教育委員会

お問い合わせ:
090-4973-4550 (來島・くるしま)/089-932-6798 (八木・やぎ)

劇団こじか座Twitter
https://twitter.com/gekidankojikaza

令和元年度高校演劇愛媛県中予地区大会

令和元年度高文連演劇専門部中予地区大会
(高校演劇愛媛県中予地区大会)

日程:
2019/8/18,19(日月)

会場:
愛媛県生涯学習センター 県民小劇場
(松山市上野町甲650番地)

入場無料

【中予地区参加校】
松山東・松山南・松山北・松山商業・東温・伊予・東雲

【タイムスケジュール】

■2019/8/18(日)
9:30〜 開場
9:45〜10:00 開会式
10:10〜11:10 松山東
11:25〜12:25 松山北
13:20〜14:20 伊予
14:35〜15:35 東温

■2019/8/19(月)
9:30〜 開場
10:00〜11:00 東雲
11:15〜12:15 松山商業
13:10〜14:10 松山南
15:00〜16:05 閉会式(結果発表・公表・表彰式)

全国高等学校演劇協議会HP:
http://koenkyo.org

松山大学演劇部 『十色夜景』

松山大学演劇部本公演
『十色夜景』

作:渡邉 意志 /演出:丹萌美

日時
2019年9月7日(土) 14時/18時
2019年9月8日(日) 14時/18時

場所
松山大学カルフールホール3F

料金
前売り500円 当日700円

松山大学演劇部Twitter:
https://twitter.com/matsudaienbu

プロフィール

kangekiannai

Author:kangekiannai
四国の演劇・舞台情報が一挙にわかるサイトを目指して、更新して行きます。
情報あればお寄せ下さい!
連絡先はこちら。↓
kangekiannai_ehime
@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR